ゲオが2019年8月19日~8月25日までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲオが、2019年8月19日(月)~2019年8月25日(日)までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表しました。

週間新品ゲームソフト 売上ランキング

■1位(新規)
鬼ノ哭ク邦
メーカー:スクウェア・エニックス
機種:プレイステーション4
発売日:2019/8/22

■2位(前回1位)
スーパーマリオメーカー 2
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2019/6/28

■3位(新規)
鬼ノ哭ク邦
メーカー:スクウェア・エニックス
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2019/8/22

■4位(先週3位)
ファイアーエムブレム 風花雪月
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2019/7/26

■5位(先週9位)
モンスターハンター:ワールド Best Price
メーカー:カプコン
機種:プレイステーション4
発売日:2019/7/18

■6位(先週6位)
Minecraft
メーカー:日本マイクロソフト
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/6/21

■7位(先週8位)
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/12/7

■8位(先週4位)
プロ野球スピリッツ 2019
メーカー:KONAMI
機種:プレイステーション4
発売日:2019/7/18

■9位(先週11位)
マリオカート8 デラックス
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/4/28

■10位(先週7位)
東京2020 オリンピック The Official Video Game
メーカー:セガゲームス
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2019/7/24

<バイヤーコメント>
今週は、新作「鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)」のPS4版が1位、Switch版が3位となりました。
お盆明けであったということもあり、他の新作タイトルが少なくなっているため、PS4版、Switch版ともに週末に販売数が伸びており、今後も期待が持てるタイトルです。

その他はSwitch の定番タイトルが主となり、Switch「スーパーマリオメーカー 2」やSwitch「ファイアーエムブレム 風花雪月」などが好調をキープしている状況です。
(株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2課 バイヤー 武藤 崇史)

●今週の動き
2019年8月22日に発売された『鬼ノ哭ク邦』が、TSUTAYAランキングと同じくPS4版が初登場1位に、Switch版が3位にランクインしました。

2位には定番タイトルの『スーパーマリオメーカー 2』がランクインしています。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク