ゲオが2019年3月11日~3月17日までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲオが、2019年3月11日(月)~2019年3月17日(日)までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表しました。

週間新品ゲームソフト 売上ランキング

1位(新規)
■ディビジョン2 (限定版含む)
メーカー:ユービーアイソフト
機種:PS4
発売日:2019/3/15

2位(新規)
■ONE PIECE WORLD SEEKER
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
機種:PS4
発売日:2019/3/14

3位(先週1位)
■デビル メイ クライ 5
メーカー:カプコン
機種:PS4
発売日:2019/3/8

4位(先週2位)
■大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/12/7

5位(先週4位)
■キングダム ハーツIII
メーカー:スクウェア・エニックス
機種:PS4
発売日:2019/1/25

6位(先週3位)
■New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2019/1/11

7位(先週6位)
■Minecraft
メーカー:日本マイクロソフト
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/6/21

8位(新規)
■LoveR
メーカー:角川ゲームス
機種:PS4
発売日:2019/3/14

9位(新規)
■戦国無双4 DX
メーカー:コーエーテクモゲームス
機種:PS4
発売日:2019/3/14

10位(先週10位)
■マリオカート8 デラックス
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/4/28

<バイヤーコメント>
PS4『ディビジョン2』が初登場1位となりました。前作の評判が高く、特に北米では発売前から大きな注目を集めていたタイトルです。
早期購入特典のゲオオリジナルダウンロードコード「バトルウォーンシークレットサービスパック」も好評を頂いており、長期間での販売に期待したいです。
2位にはPS4『ONE PIECE WORLD SEEKER』がランクインしました。
人気アニメを題材にしたオープンワールドゲームは目新さがあり、今後様々なコンテンツを題材としたオープンワールドの作品が制作されていくのではないかと考えると夢が広がります。
8位のPS4『LoveR』はゲオマートでの販売が全体の約3分の1と、ECで大きく販売が伸びている作品です。
(株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2課 バイヤー 武藤 崇史)

●今週の動き
PS4新作の『ディビジョン2』と『ONE PIECE WORLD SEEKER』が、1位と2位に輝いた今週のランキングでした。

なお、TSUTAYA ゲームランキングで5位にランクインしたPS4用ソフト『JUDGE EYES 死神の遺言』は、ゲオでは10位以内に入ってませんでした。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク