ゲオが2018年2月5日~2月11日までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲオが、2018年2月5日(月)~2018年2月11日(日)までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表しました。

週間新品ゲームソフト 売上ランキング

■1位:(新規)
真・三國無双8
メーカー名:コーエーテクモゲームス
機種:プレイステーション4
発売日:2018/02/08

■2位:(前回1位)
モンスターハンター:ワールド
メーカー名:カプコン
機種:プレイステーション4
発売日:2018/01/26

■3位:(新規)
ソードアート・オンライン フェイタル・バレット
メーカー名:バンダイナムコエンターテインメント
機種:プレイステーション4
発売日:2018/02/08

■4位:(前回2位)
ドラゴンボール ファイターズ
メーカー名:バンダイナムコエンターテインメント
機種:プレイステーション4
発売日:2018/02/01

■5位:(前回3位)
Splatoon2
メーカー名:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/07/21

■6位:(前回5位)
マリオカート8 デラックス
メーカー名:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/04/28

■7位:(前回4位)
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
メーカー名:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/01/18

■8位:(新規)
ワンダと巨像
メーカー名:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
機種:プレイステーション4
発売日:2018/02/08

■9位:(前回7位)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
メーカー名:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/03/03

■10位:(前回8位)
スーパーマリオ オデッセイ
メーカー名:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/10/27

<バイヤーコメント>
先週新作のPS4「真・三國無双8」が初登場1位となりました。
初のオープンワールドアクションと過去作と比べ意欲作になっており、壮大なマップでボリュームがすごく長く遊べる反面、一騎当千感が薄れているとの意見もあり、賛否両論どちらも出ている作品となっております。

今週2位のPS4「モンスターハンター:ワールド」は相変わらず新譜並みの高販売を見せており、まだまだ勢いは衰え知らず。
3位の PS4「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」はPS4専用となった点と、モンハンとのジャンル被りで予測より鈍いスタートとなりました。
(株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2課 バイヤー 武藤 崇史)

●総括
2週連続1位だった『モンスターハンターワールド』は、今週はランキング2位に下降しています。
1位となったのはPS4の新作『三國無双8』でした。
ただ、TSUTAYA ゲームランキングでは1位だったので、本数的に大きな差はないのかもしれません。

その他、『スプラトゥーン2』が5位、『マリオカート8 デラックス』が6位、『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』が7位、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が9位、『スーパーマリオ オデッセイ』が10位に入るなど、Switchのソフトも相変わらず強かったです。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク