ゲオが2018年1月29日~2月4日までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表!Switch版『Skyrim』が良いスタートを切る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲオが、2018年1月29日(月)~2018年2月4日(日)までの新品ゲームソフト売上ランキングを発表しました。

週間新品ゲームソフト 売上ランキング

■1位:(前回1位)
モンスターハンター:ワールド
メーカー:カプコン
機種:プレイステーション4
発売日:2018/01/26

■2位:(新規)
ドラゴンボール ファイターズ
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
機種:プレイステーション4
発売日:2018/02/01

■3位:(前回2位)
Splatoon2
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/07/21

■4位:(前回3位)
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/01/18

■5位:(前回4位)
マリオカート8 デラックス
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/04/28

■6位:(新規)
The Elder Scrolls5:Skyrim
メーカー:ベセスダ・ソフトワークス
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2018/02/01

■7位:(前回7位)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/03/03

■8位:(前回5位)
スーパーマリオ オデッセイ
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2017/10/27

■9位:(前回10位)
マリオパーティ 100 ミニゲームコレクション
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドー3DS
発売日:2017/12/28

■10位:(前回12位)
ポケットモンスター ウルトラムーン
メーカー:ポケモン
機種:ニンテンドー3DS
発売日:2017/11/17

<バイヤーコメント>
先週に引き続きPS4「モンスターハンターワールド」が1位となりました。
まだまだ品薄状態が続いており、追加入荷してはすぐに完売している状況となります。
どこまで販売記録を伸ばしていけるか楽しみなソフトです。
PS4本体の装着率も過去例をみないほど高くなっており、販売に寄与している事から今後品薄になることが予想されます。
新作のPS4「ドラゴンボール ファイターズ」、Switch「The Elder Scrolls5:Skyrim」も良いスタートを切っております。
(株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2課 バイヤー 武藤 崇史)

●総括
TSUTAYA ゲームランキングと同じく、PS4用ソフト『モンスターハンターワールド』が今週もランキング1位でした。
まだ品薄状態が続いていて、追加入荷してはすぐに完売している状況だそうです。

任天堂のソフトも強かったです。
3位~10位までは、Switch&3DSソフトが独占していて、その内7本(1本はポケモン)は任天堂のタイトルでした。

また、2月1日に発売されたSwitch版『The Elder Scrolls V: Skyrim』は、TSUTAYAと同じく初登場6位にランクインしています。
良いスタートを切ったとのことです。

情報源:ファミ通.com

The Elder Scrolls V: Skyrim(R) - Switch
ベセスダ・ソフトワークス (2018-02-01)
売り上げランキング: 13