Nintendo Switchでプログラミングできるツール『FUZE4 Nintendo Switch』が発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


プログラミングツール『FUZE Code Studio for Nintendo Switch』が、Nintendo Switch向けとして発売されることが昨年6月にアナウンスされました。

新たな続報が公開されており、本作のタイトルが『FUZE4 Nintendo Switch』に正式決定(改名)しています。
また、発売目標が2019年4月1日に決まったことも合わせて発表されています。

クリスマスよりも前にリリース予定だったことについてFUZEのJon Silveraマネージングディレクターは、「2019年4月1日に焦点を合わせることにしました。この特別な時間は、最高の品質と安定性を保証することになります。」「皆様のご支援と忍耐に感謝したいと思います。お待ちする価値があることを約束します!」と語りました。

本作は、Nintendo Switchでテキストベースのプログラミング言語を簡単に学べる開発ツールです。
独自のプログラミング言語「Fuze BASIC」を利用してゲームを作ることができます。

オリジナルのBASICを彷彿とさせますが、Python、Java、C ++などの現代言語に合わせるために再設計されたFUZE4 Nintendo Switchは、初心者の方にとってもシンプルで直感的なコマンドで操作できるように設計され、2Dと3Dプログラミング能力の視野を拡大しようとする人には特に最適です。

ゲームコミュニティからの驚異的なサポートにより、FUZE4 Nintendo Switchには何千ものビジュアルゲーム資産が数千も含まれています。
さまざまなジャンルのさまざまなプロジェクトを作成できるように、何千ものビジュアルゲーム資産(家具、城、キャラクターデザインなど)、および何百もの音楽トラックとサウンドエフェクトが付属しています。

FUZE4 Nintendo Switchは、ユーザーの創造的な体験を向上させる強力なツールを備えています。
あなた自身のグラフィック作成を可能にする画像エディタもあります。
画像エディタでは、独自のゲームグラフィックを作成でき、タイルシートエディタではプラットフォームレベルとインタラクティブな背景を簡単に作成できます。
コードを使って、さまざまな音楽やサウンドエフェクトを作成することもできます。

新しいコーディングには、基本的な入門からコーディングの基礎まで、実際のゲームプログラミングの概念を説明するまでの20のチュートリアル、古典的なゲームを細かく説明しています。
※機械翻訳です。




情報源:Nintendo Life

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク