PS4&Switch用ソフト『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス』が東京ゲームショウ 2018出展決定!出展情報が公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4&Nintendo Switch向けとして開発中の不思議の幻想郷シリーズの最新作『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス (2019年春発売予定)』が、2018年9月20日から23日までの期間、千葉県・幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2018」にて出展されることが決定しました。

春例大祭とC3まではTODRに複数人パーティーを入れたプロトタイプ版でしたが、東京ゲームショウではロータスラビリンスへ移行したバージョンで試遊できます。
超パとも違うパーティーシステムや一斉にターンが経過するスライスターンシステムなどTODRと違う新要素も入っているとのことです。

セガブースにて体験可能なので、興味のある方はチェックしてみてください。
※試遊できるのはNintendo Switch版となります。

■大勢の仲間と挑め!超人数パーティーで挑む新感覚ダンジョン探索RPG誕生!
東方Projectファンゲーム『不思議の幻想郷』の最新作が、ローグライクの常識を破る超人数パーティー制のダンジョン探索RPGとして登場。
本作はゲームに登場する仲間キャラが50人以上となり、前作から5倍以上も増加!更にこの仲間たち全員をパーティーに加え、圧倒的な数でダンジョンに挑むことが可能となります。
そしてふし幻シリーズ従来の快適な操作性や圧倒的なやりこみ要素は本作も勿論健在。
さぁ難攻不落のダンジョン『ロータスラビリンス』を、大勢のお気に入りキャラを率いて圧倒的な数の力で攻略しよう!

セガブース 出展情報

©上海アリス幻樂団 ©2019 AQUA STYLE Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク