「FIFA」シリーズは今後もSwitchに移植される可能性が高い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内では2017年9月29日に発売される『FIFA18』ですが、今後もNintendo Switchに移植される可能性が高いことが分かりました。

海外ゲームメディアGameStopのインタビューで、FIFAシリーズのプロデューサーであるAndrei Lazarescu監督が任天堂の新しいコンソールでFIFAのゲームが登場するかどうか尋ねられたとき、「今後も『FIFA』はNintendo Switchに登場していくんじゃないかと思います。」と答えました。

また、Lazarescu氏はJoy-Con片方でプレイできるというSwitchの特徴や、Switchの利点と難しかったところにも触れました。

「(Joy-Con片方でプレイするときは)もちろん右のアナログスティックがないわけで、さらにボタンの数も少なければ、上はトリガーもなく、バンパーしかない。この制限に対応した「4 Button Mode」を用意する必要がありました。この仕組みの良いところは、Switch本体を持っているだけで対戦が楽しめるところで、追加で買わなければならないものは何もないことですね」

Lazarescu氏は、Switch版を開発する上で施した変更や、別エンジンで稼働する本バージョンの制限についても語りました。

「ストーリーモードのJourneyはFrostbite(本作の今世代機で使われるエンジン)向けに開発されたものなので、Frostbiteで動かなければ実装できません。つまり、Switch版はFrostbiteエンジンで動いていないからJourneyモードが収録されていない、ということになります」

今後もFIFAシリーズがNintendo Switchに登場する可能性について前向きな発言があったので、Switch版は今回だけ。ということにはならないかもしれませんね。
もちろん売り上げ次第ということもあるので、しっかりとSwitch版が結果を残してくれることに期待します。

情報源:IGN Japan

FIFA 18
FIFA 18