『ファイナルファンタジーXIV』のSwitch版の可能性について、吉田直樹氏「任天堂との議論には長い時間がかかるだろう。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows/PS3/PS4で展開中のMOORPG『ファイナルファンタジーXIV』ですが、Nitendo Switch版発売の可能性について、これまでスクウェア・エニックスは何度か言及してきました。

『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏への最新のインタビューで、Switch版の発売の可能性について再び言及があったようです。

吉田氏によると、任天堂(及びマイクロソフト)とは協議が進行中です。

ファイナルファンタジーXIVを新しいプラットフォームに持ってくることは、コミュニティを発達させることを意味します。
それらのコミュニティは、スクウェア・エニックスと任天堂、及びマイクロソフトの共通の責任である必要があります。
両陣営はこれについて話しているが、吉田氏は「これらの議論には長い時間がかかる。」と話しました。

「ファイナルファンタジーXIVには、できるだけ多くのプレイヤーを参加させたい。」
「MMORPGファイナルファンタジーXIVには、プラットフォームに応じて遅延させない定期的なパッチのアップデートが含まれているという問題がある。」
「任天堂(Switch)とマイクロソフト(XboxOne)は、オンラインとQA(品質保証のこと?)規制について、私たちがしていることを理解する必要があります。」
「これらの議論には長い時間がかかります。」

Switch版『FF14』の可能性について否定はしなかったものの、すぐに答えを出すのは難しいというような回答になりました。

なお、吉田氏は過去のインタビューで「他のハードのプレイヤーと交流できないものは提供したくありません。」「なるべく多くのプラットフォームでFF14をリリースしたい。」と答えていました。

情報源:Nintendo Everythingfinder

※機械翻訳を使用してるため、多少のニュアンスの違いはご了承ください。

スポンサーリンク