Switch版『ブリキの騎士』の国内配信日が2019年2月21日に決定!中世を舞台としたメトロイドヴァニアスタイルのアクションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『ブリキの騎士 (Feudal Alloy)』の国内配信日が、2019年2月21日に決定しました。
販売価格は1,500円(税込)です。

北米やヨーロッパでは今年1月17日に発売されましたが、日本版も少し遅れてリリースということになりました。
国内でのパブリッシャーはレイニーフロッグとなります。

本作は、中世を舞台としたメトロイドヴァニアスタイルのアクションRPGです。

主人公は剣を持った魚鉢ロボット「アッツ」です。

彼は農業ロボットで、役目を終えた退役ロボットのお世話をしながら静かに暮らしていました。
しかしある日、「ロボット盗賊団」によって村が襲われ、彼らの大事なエネルギー源である「オイル」が盗まれて、家も燃やされてしまいました。
生き残った老人から古い剣を手に入れた彼は、村のために立ち上がります。

下記にSwitch版の紹介映像があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

情報源:任天堂公式サイト

©2019 Attu Games. Licensed to and published by Rainy Frog LLC.

スポンサーリンク