高木謙一郎氏へのインタビューがファミ通.comに掲載!Switch用ソフト『シノビリフレ』についても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閃乱カグラプロデューサーで、HONEY∞PARADE GAMES(ハニーパレードゲームス)代表取締役高木謙一郎氏へのインタビューがファミ通.comに掲載されています。

このインタビューの中で、Nintendo Switchで発売が予定されている『シノビリフレ -閃乱カグラ-(仮題)』について言及がありました。
※このインタビューは、週刊ファミ通2017年6月15日号(2017年6月1日発売)に掲載した内容に、加筆・修正を施したものです。

――タイトルの話に移らせていただきます。いま『シノビリフレ -閃乱カグラ-(仮題)』を発表しつつ、ほかにもNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の機能を活かした作品をという話をされていましたが、そちらも具体的に動いていますか?

高木 もう同時に動いています。『シノビリフレ』ともう1本作っていますが、これはパッケージソフトです。どちらもHD振動を活かしたタイトルです(笑)。

――HD振動、相当気に入っていましたよね。ニンテンドースイッチの発表会の際にもインタビューしましたが、いちばん食いついていたのがHD振動でした。

高木 任天堂さんから最初に見せてもらったときから、これはおもしろいなと思いました。実際にそれをプレイしないとわからない楽しさだったり、快感だったりするので。僕のためというか、非常に向いているなと(笑)。任天堂さんにも技術的なフォローもいただいておりますので、日々進んでいます。

――ニンテンドースイッチ用も含めて、現在どのくらいのタイトルが動いていますか?

高木 けっこうな数が動いています。『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』も引き続きアップデートや海外版が進行していますし、先ほどのニンテンドースイッチ用が2本、あとは当然モバイルやスマートフォンも無視できないというところで、スマホ向けに、わりと正統派の作品を作ろうとしています。これは今年中には出せるかな、という感じですね。とはいえ主軸はパッケージ、家庭用ゲームだと思っているので、PS4向けに1本、これは今期中に発売できるかな? さらに来期向けにもPS4向けのわりと大型のタイトルを準備しています。ほかにも細かいのや中規模なタイトルもいくつか進めようとしていて、再来期くらいまでには出揃うと思いますし、オリジナル作品も、積極的に準備しようとしています。テレビアニメも2本くらい動かしていますね。

――ほう。それは完全新規なもの?

高木 新規なものと、新規じゃないものがあります(笑)。これは基本的に私がメインでやっているもので、これからほかのメンバーたちの作品が入ってくる感じになるかなと。このあたりは夏くらいに、ハニーパレードゲームスの今後の作品をまとめて発表できればと思って、いま準備中です。

情報源:ファミ通.com

『シノビリフレ』以外に、パッケージ用ソフトとしてもう1本作っているとのこと。
どちらもHD振動に対応したゲームになっているようです。

どのようなタイトルかは明かされていないですが、期待したいですね。

スポンサーリンク