【ファミ通調べ】2019年3月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年3月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2019年2月25日~2019年3月31日の5週分

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(PS4) フロム・ソフトウェア 194,860本
2位:デビル メイ クライ 5(PS4) カプコン 169,353本
3位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch) 任天堂 107,095本
4位:スーパーロボット大戦T(PS4) バンダイナムコエンターテインメント 90,278本
5位:ディビジョン2(PS4) ユービーアイソフト 89,011本

ソフトの月間売り上げ本数では、3月22日に発売されたPS4用ソフト「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」が首位を獲得しました。
「デビル メイ クライ 5」とPS4(PS4・Xbox One)の人気タイトルが続き、3位にはSwitchの「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」がランクインしています。

また、3月20日に発売されたPS4&Switch用ソフト「スーパーロボット大戦T」のPS4版は初登場4位にランクインしています。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 296,219台(先月1位 Nintendo Switch 240,942台)
2位:プレイステーション4(合計) 135,908台 (先月2位 プレイステーション4(合計) 87,756台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

「Nitendo Switch本体」296,219台を販売して、13ヶ月連続で首位に輝きました。
累計販売台数は785.9万台となり、4月期には800万台を突破する勢いとのこと。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂 52.4万本
2位:バンダイナムコエンターテインメント 30.8万本
3位:カプコン 24.5万本

スポンサーリンク