Switch用ソフト『Fable of Fairy Stones:妖精石物語』が2019年12月19日に配信決定!全てがキューブで描かれたレトロで懐かしいアクションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『Fable of Fairy Stones:妖精石物語』が、2019年12月19日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,496円(税込)ですが、2019年12月31日 23:59までは割引価格の987円(税込)で購入することができます。

本作は、個人ゲーム開発者kanemura seikichi氏(KS Soft)によって開発されアプリ向けとしてリリースされている、全てがキューブで描かれたレトロで懐かしいアクションRPGです。
妖精石を中心に展開される、悲しくも壮大なストーリーが展開されます。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。
公式サイトはこちらにあります。

全てがキューブで描かれる、どこかレトロで懐かしいアクションRPG!

□妖精石を中心に展開される悲しくも壮大なストーリー
平和で美しい大地「ミドルアース」に、忍び寄る乱世の足音。
君はこの不穏の原因を突き止め、この地に平和を取り戻せるか?

□数多くの個性的なモンスター達!
20種類を超える個性的なボスモンスターがあなたを待ち構えています。
ボスモンスターはそれぞれ異なる弱点となる部位を持ち、破壊も可能になっています。
尻尾を持つボスは尻尾切断も可能?!

□装備の種類は無限に自動生成!
装備の種類は、武器、ヘルム、アーマー、シールドです。
武器は片手剣と大剣があり、それぞれ異なる戦略で敵と対峙する必要があります。
全ての装備は、無数にあるマジック効果との組み合わせにより自動生成され、二つとして同じ武器は現れないでしょう。

□広大なフィールドマップ、そして危険なダンジョン!
広大なフィールドには、5つの村と9つのダンジョンがあります。
村では様々な人々との出会いがあり、情報収集、買い物、クエストを受託したりできます。
各ダンジョンは個性的に作られており、武器・防具を整えるだけでは足らず、アイテムを駆使したり、パズルを解かないと先に進めなくなっています。

□クリア後のやりこみ要素!
クリア後にはやりこみ要素として自動生成ダンジョン「無限の牢獄」が出現します。
入るたびに形が変わるダンジョンで、地下100階まであります。
ここではミドルアースで手に入るものより、より強力な装備が手に入ります。
手に入る装備は見た目と強さがランダムになっています。
このダンジョンでは、純粋なハクスラとしてやり込めるようになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク