Nintendo SwitchにイーソルのμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSおよびexFATファイルシステムが採用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂の新型ゲーム機Nintendo Switchに、イーソル株式会社のμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSおよびexFATファイルシステムが採用されていることが2017年6月22日に発表されました。

以下、イーソルのプレスリリースより。

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、任天堂株式会社が開発したゲーム機「Nintendo Switch™」に、イーソルのμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSおよびexFATファイルシステムが採用されたことを発表します。μITRON4.0仕様準拠リアルタイムOS は、Nintendo Switchのコントローラ「Joy-Con™」内において、NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)などの制御用途で利用されています。exFATファイルシステムは、Nintendo Switch本体に挿入されるmicroSDやmicroSDHC、大容量のmicroSDXCメモリカードに対し、データの読み書きを高速で行うファイル操作機能を提供しています。

イーソルのμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSは、μITRON4.0スタンダードプロファイルに完全準拠しています。μITRON4.0スタンダードプロファイルで定義された機能に加え、さまざまな拡張機能や、実際のアプリケーション開発に便利な、カーネルオブジェクトの状態参照やシステムトレース機能など、独自の機能を搭載しています。携帯電話やデジタルカメラ、カーナビゲーションシステム、プリンタからFA機器まで、幅広い機器での採用実績があります。

exFATファイルシステムは、FAT12/16/32およびexFATに対応したファイルシステムです。従来のFAT32ファイルシステムでは取り扱えなかった、USBメモリ、外付ハードディスクなどの大容量メディアに格納された動画や音楽、写真をはじめとする大容量ファイルを、高速に取り扱うことができます。FAT12/16/32、VFAT(ロングファイルネーム)に対応したVFATファイルシステムの特長をそのまま引き継いでおり、高速巻き戻し再生などに必要なファイルポインタの高速な後方シーク機能や、電源断やメディアの抜去によるファイルシステムの破壊を最小限に抑える機能など、デジタルカメラをはじめとしたデジタル家電製品に必須の機能が多く搭載されています。さらに、多言語対応や、文字コードの動的変更機能、UNICODE対応オプションなど、海外市場向け製品に必要な機能をサポートしています。

イーソル株式会社 常務取締役 上山 伸幸 のコメント
「任天堂株式会社様のWii U™に続き、Nintendo Switchにもイーソル製品をご採用いただき、大変光栄です。μITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSおよびexFATファイルシステムは、デジタルコンシューマ製品において多数の実績があります。イーソルは今後も、デジタルコンシューマ製品をはじめとした組込みソフトウェアシステムの開発者を強力に支援していきます。」

なお、WiiやWiiUでもイーソルのFATファイルシステム「PrFILE2」が採用されています。
過去のハードに引き続き、Nintendo Switchでも協力関係にあるようですね。

スポンサーリンク