Switch版『Energy Cycle Edge』が海外向けとして2018年12月5日に配信決定!美しいビジュアルを特徴としたパズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『Energy Cycle Edge』が、海外向けとして2018年12月5日に配信されることが決定しました。
米国での通常販売価格は$4.99です。

Xbox Oneの公式サイトには日本語ページもできており、2018年12月5日に配信される予定とのことです。
販売価格は580円(税込)に設定されています。

日本のXbox One向けに配信されるということは、Switch日本版でのリリースにも期待が持てるでしょう。

本作は、Energy Cycleの続編として開発された、美しいビジュアルを特徴としたパズルゲームです。
パズル自体のコンセプトは前作と同じで、ゲームフィールドで各セルをアクティブにすると、そのセルと周辺の一直線上のすべてのセルの色が変わります。
各セルの色は、異なる3色の間で変わり、あなたのタスクは、すべてのセルを同じ色に合わせることです。
Energy Cycle Edgeではパズルのほとんどが3次元なので、従来のゲームプレイとは違って、 リンクされた複数の層の中で色の変化をモニターする必要があります。

<特徴>
●4つの異なるセットで44のレベル
●様々なアーティストによるIDM/周囲音のサウンドトラック
●任意のレベルで同時にプレイできる«ランダムカラー» モード
●オリジナルゲームのファンのための«クラシックセル»モード





情報源:米任天堂公式サイト

© Sometimes You

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク