Switch用ソフト『Endless Fables: Shadow Within』が国内向けとして2021年9月2日から配信開始!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『Endless Fables: Shadow Within (終わりなき寓話 4 : 陰の王国)』が、国内向けとして2021年9月2日から配信開始となりました。
販売価格は990円(税込)に設定されています。

本作は、「エニグマティス」及び「グリムレジェンド」シリーズの制作チームによって開発された、『Endless Fables: Dark Moor (終わりなき寓話 3: 暗黒の地)』の続編となるポイント&クリックタイプのパズルアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

夢は見かけとは違う。

パメラとハンスの妹アガサは、子供の頃からハンスに何が起こったのか大人たちに説明しようとしたが、残念なことに恐ろしい真実は子供じみた想像と愚かな悪夢としか取られなかった。やがて、2人の友人は自分の記憶を疑い始め、ハンスが死んだという考えを受け入れはじめた。

それは、パメラがアガサから手紙を受け取るまでだった。友人はハンスが最近彼女と連絡を取ったとパメラを説得する。ためらうことなく、キャベンディッシュ嬢はミッテンワルデの町に戻り、人生で最もつらい時期を終えることになる。

そして、何年も悪いことが起きていなかった静かな町で、彼女は夢が現実と混じり合う神秘に遭遇してゆくのだった。彼女が進む一歩一歩は、鏡の後ろの影によって見られていた。

ハンスが一生をかけて戦っている悪夢の領域に、彼女はたどり着くのだろうか?彼女は陰に隠れた謎の人物を止めることができるだろうか?そして、彼女は友達の安全のために戦い、すべてを危険にさらすだろうか?

© 2021 Artifex Mundi S.A. All rights reserved.