『DYING: Reborn Nintendo Switch Edition』が2019年1月17日に配信決定!一人称視点による謎解きパズルアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Switch用ソフト『DYING: Reborn (ダイイング:リボーン) Nintendo Switch Edition』が、2019年1月17日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,155円(税込)ですが、1月16日 23:59までは割引価格の924円(税込)で購入できます。

<PS版 紹介映像>

<Switch版 紹介映像>

本作は、インディーデベロッパーNEKCOM Entertainmentによって開発された、一人称視点による謎解きパズルアドベンチャーゲームです。
ホラーやサスペンス要素が含まれています。

主人公は、行方不明の妹を探しているマシューです。
ある日、逃げ場が無さそうな荒れ果てた不気味なホテルで目覚めてしまいます。
この過酷な環境の中から、知恵を振り絞り脱出するのが貴方の目的となります。

このスペシャルバージョンでは、新たなストーリーが展開されます。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

「あなたのために準備させていただきました断罪の宴へようこそ。このあなただけのための試練は、永遠に終わらない。」
「ダイイング:リボーン Nintendo Switch Edition」は一人称視点で進行する特別な本格謎解きパズル。このスペシャルバージョンでは、新しいストーリーが展開します。ここにある全ての紙、登場する隅々にまで、全てに過去へと繋がる欠けらが隠されています。すべての細部に宿るメッセージを見逃すことなく、最終的に完全なストーリーを組み立てられる事を願っております。あなたはきっと、血まみれで暴力的な色彩に溢れるこの旅館の中で自由に探索をしながら数々の謎を解き、この奇妙な事件の真相へと一歩一歩近づいて行くことになるでしょう。





©Coconut Island Games Co.,LTD. NEKCOM Entertainment 2018. All rights reserved.

キングダム ハーツIII アルティマニア (SE-MOOK)
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 54