Switch&PC用ソフト『酉閃町 Dusk Diver』が2019年春に発売決定!台湾の台北・西門町を舞台にしたアニメスタイルのアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch&PC用ソフト『酉閃町 Dusk Diver』が、2019年春に発売されることがJFi GamesとJERA Game Studioからアナウンスされました。
販売価格は未定です。

本作は、JFI Gamesの第二製品開発部によって開発された、台湾の台北・西門町を舞台にしたアニメスタイルのアクションゲームです。
ジャンルは絆と連撃のACTです。

主人公は、ひょんなことから霊能力が目覚め、変身体質になってしまった女の子ヤン・ユモです。
ある日、友達と西門町でショッピングを楽しんでる最中に不思議な事件に巻き込まれてしまいました。

ユモは崑崙界から派遣された西門町の守り神リーオウと協力して、現実の世界に影響が起きないように異世界で魔物と戦うことになります。
戦闘では連続したアクションやコンボの爽快感だけではなく、さまざまな技の組み合わせを楽しむことができるとのことです。

■ヤン・ユモ

■リーオウ

<ストーリー>
人間の概念で言う「神」が棲む場所、崑崙界。
人間が想像する「魔物」が生まれた場所、厄禍界。
神と魔が存在する空間、それは人にとっては遠くて近い世界。

西門町。
古と現代、歴史と流行が交わる街。
雑多で喧噪、それゆえに活気が満ちあふれ、神と魔が集う地。

長い時の流れにより、異なる次元のエネルギーが集まり不安定な空間が形成された。
この予測不可能な次元空間こそ、厄禍界(魔)と人間界(人)から崑崙界(神)に通じる道の一つである。
この事に手を焼いた崑崙界は積極的に干渉するようになる。

酉の刻、いわゆる逢魔ヶ時に入るとエネルギーが混濁し、魔物と人間が誤ってそこに迷い込みこむことがある。
崑崙界はこの次元を酉閃町そう名付けた。

■戦いの基本
基本の攻撃手段はユモ自身の近接攻撃。
とにかく敵に近づき、どんどん拳を叩ききもう!

■守り神の攻撃
ゲージを消費して使える召喚攻撃。
消費量によってわざと威力が変わる。
状況に応じた守り神を呼び出して一緒に戦おう!

スポンサーリンク

紹介映像

以下、本作の紹介映像です。

なお、公式サイトも9月12日よりオープンしています。
今後の情報は公式サイトやFacebookで紹介していくそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。

●公式サイト
https://duskdiver.jfigames.com/index_jp.html
●Facebook
https://www.facebook.com/DuskDiver

情報源:Gamer

@2018 JFI Games Inc. All Right Reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク