『DRAGON QUEST ダイの大冒険』の再アニメ化とゲーム化が決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日開催された「SQUARE ENIX PRESENTS ジャンプフェスタ2020ステージ」で、『DRAGON QUEST ダイの大冒険』が再アニメ化されることが発表されました。
放送日は2020年秋が予定されており、放送局についてはまだ言えないとのこと。

【更新】
公式Twitterアカウント公式サイトがオープンしました。

『DRAGON QUEST ダイの大冒険』は、1989年から「週刊少年ジャンプ」で連載開始となったドラゴンクエストが題材の漫画作品です。
原作・原案などを三条陸先生が、作画を稲田浩司さんが手がけています。

1991年10月からはTBS系列でアニメ化もされていましたが、再びアニメ化されることになりました。
制作は旧アニメと同じく東映アニメーションになり、今回はCGとアニメ作画のハイブリッドで表現するとのこと。

【関連リンク】
『ダイの大冒険』来秋28年ぶり完全新作で再びアニメ化 ドラクエ世界観の人気漫画が原作

さらにゲーム化されることも決定。
開発はスクウェア・エニックスで、市村龍太郎さんがプロデューサーとなります。

プラットフォームは未発表ですが、「アプリそれ?」という問いに「ハード言っちゃっていいんだっけ?」と堀井雄二さんが答えていたので、コンソールでリリースされる可能性は高そうに思われます。

※追記:あくまでもプラットフォームは未発表です。ハードは曖昧な表現であり、コンソールのことを必ずしも指しているわけではありません。

スポンサーリンク