堀井雄二さん「(DQ11は) 同時発売ではないけど、スイッチ(任天堂の新型ゲーム機)向けも準備していますよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経ニュースに、堀井雄二さんへのインタビューが2017年7月28日に掲載されました。

この中で、ちょっとだけですがNintendo Switch版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』についても言及がありました。

--2機種で同時発売するのは異例ですね

「最初はPS4で(発売の検討を)始めたんです。でも、より多くの人にやってもらいたいというのがあったので2つのハード(ゲーム機)で(同時に)出すことにしました。PS4向けは画像がきれいで、景色がすごく遠くまで見えますよ。3DSは、(物語の進展がアニメなどで表現される)イベントが起きたとき、上の3D画面と下の2D画面がちゃんとリンクしているなど凝っています。お話は同じですが、印象は少し違うかもしれません。両ハードの特徴を生かそうということで。(3DSの2つの画面表示を含め)別のゲームを3本つくっている感じでしたね。試すのも3つで、デバッグ(プログラムの誤りを見つけて、手直しすること)も大変だったはず。スタッフが本当にがんばってくれたと思う。同時発売ではないけど、スイッチ(任天堂の新型ゲーム機)向けも準備していますよ」

「同時発売ではないけど、スイッチ(任天堂の新型ゲーム機)向けも準備していますよ。」と堀井さんは話しました。

Switch版に関しては、これまでさまざまな場面で発売について言及されてきました。

最初に発売が発表されたのは、2015年7月28日に行われた「ドラゴンクエスト新作発表会」のことです。
プロデューサーの齊藤陽介さんが、下記のように発売をアナウンスしました。

「一つ最後にですね。言わなければいけないことがございました。宜しいですか?」
「最後にもう一つお伝えさせて頂きます。」
「本日発表になりましたドラゴンクエスト11。 さらにですね、私がプロデューサーを勤めておりますドラクエ10は、任天堂様にて開発中のNXでの発売も予定しております。」
「詳細は別途お伝えできる機会を作って、お話させて頂けたらと思います。」
※NXとは現在のNintendo Switchのことです。

他にもさまざまな場面でSwitch版の発売について言及されてきていて、一度も発売中止などの発言がないため、現時点では発売すること自体は間違いないようです。

ただ、PS4版が3D表示、3DS版がデフォルメ3D&2D表示なのに対して、Switch版はグラフィックや発売時期含めて、全てが謎に包まれたままです。
Switch版の詳細については、いつの日か何らかの発表があると思うので、その時まで待つのが良さそうですね。

他、さまざまなことを話しているのでぜひインタビューをチェックしてみてください。

情報源:産経ニュース

スポンサーリンク