『ドラゴンクエストXI』 堀井雄二氏への一問一答がファミ通.comに掲載!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日まで日本各地で行われていた『ドラゴンクエストXI』カウントダウンカーニバル
YouTubeやニコニコ動画で生配信も行われていましたが、ミニステージの情報は配信に含まれていませんでした。

そんなミニステージの情報を、ファミ通.comがまとめてくれました!
ミニステージで行われた堀井雄二氏への一問一答もまとめられています。
※内川氏、岡本氏、横田氏の回答も含みます。

以下、ファミ通.comより。

Q. 主人公の名前は何文字まで入力できる?
A. 昔は4文字で、濁点・半濁点も1文字扱いでしたが、『DQIX』で5文字、『DQX』で6文字となりました。『DQXI』でも、6文字まで入力可能になります。これで名前の選択の幅が広がり、「ほりいゆうじ」も入ることに! ちなみに過去作の“ふっかつのじゅもん”でゲームを始めた場合の主人公の名前はいままでどおり、濁点・半濁点も1文字分扱いです。

以前も紹介したように、『DQXI』では主人公の名前は6文字まで入力できます。
なお、過去作の“ふっかつのじゅもん”でゲームを始めた場合、主人公の名前はいままでどおり、濁点・半濁点も1文字分扱いになるとのこと。

Q. 発売後にもクエストの配信やダウンロードコンテンツはある?
A. 本編のボリュームがかなりのもので、遊び尽くしてほしいので、特に用意していません。本作で初めてプレイステーション4を触る方もいらっしゃると思いますし、ネット環境を用意するなどの手順を省略したかったので、発売日当日にパッチを配信することもなく、すぐに本編を遊べます。

DLC等の配信は予定していないようです。
『DQIX』では追加クエストなどが毎週のように配信されていましたが、11では純粋に物語に集中して楽しむことができそうですね。

また、発売日当日のパッチもないそうです。

Q. “時渡りの迷宮”ではどんな町に行けるのでしょうか?
A. 『DQI』から『DQX』まで、万遍なく登場します。ひとつだけ新しい場所を公開すると、『DQII』のロンダルキアの洞窟が出てきます。当時は、洞窟のカベに右手をつけて進めば大丈夫でしたが、今回も……? 曲も当時のものを使用しています。

こちらも以前紹介しましたが、時渡りの迷宮では『DQII』のロンダルキアの洞窟に行けるとのこと。

また、『DQI』から『DQX』まで万遍なく舞台が登場するみたいです。
オンラインゲームの『DQX』の世界も登場するんですね。
どんな感じのストーリーになるのか興味深いです。

Q. ニンテンドー3DS版で、すれちがい通信でもらったヨッチ族も“やる気”がなくなると、もう二度と戻ってこれない?
A. 敵に攻撃されるとやる気が減り、ゼロになるといなくなってしまうヨッチ族ですが、“VIPアルバム”という機能があります。すれちがい通信で入手したヨッチ族を20体まで登録可能で、VIPアルバムにいるお気に入りのヨッチ族は、一度いなくなっても復活させることが可能です。ちなみに、同じ人ともう一度すれ違えば、同じヨッチ族をもらえます。

Q. スキルパネルのスキルはすべて習得できる?
A レベルを99に上げて、スキルのたねなどのアイテムを使えば可能かもしれません。ただし、すべてのスキルを習得しなくてもクリアーはできますし、途中でスキルポイントを振り直せるようになるので、いろいろと試してみてください。

スキルのたねなどのアイテムを使えば、スキルパネルのスキルはすべて習得可能かもしれないとのこと。
スキルのたねは、モンスターが落としたりもあるんですかね?

Q. 鍛冶などで武器や防具は進化させることはできる?
A. “ふしぎな鍛冶”では武器や防具を強化できますが、武器自体が素材として必要なものも一部あり、それらの武器は鍛冶をすることで違う(進化した)武器になります。序盤は素直に素材から作って、うちなおして強化することをオススメします。後半に、変化する武器が出てくるかも!?

Q. マルティナは武闘家ゆえに“かいしんの一撃”は出やすい?
A. 武闘家と聞くと、皆さんはアリーナを思い出すでしょうが、マルティナもかいしんの一撃は出やすいです。かいしんの一撃が出やすくなるスキルもありますし、マルティナはゾーンに入るとかいしんの一撃が出やすくなります。また、マルティナはツメやヤリを装備できるのですが、ツメは攻撃力が低くても2回攻撃ができる武器です。これらを活かせば、1回目も2回目もかいしんの一撃をくり出して大ダメージを与えることも可能です。

Q. 男性キャラクターにも着替え衣装はある?
A. もちろん、男性キャラクター用のかっこいい衣装をそれぞれのキャラクターに用意しています。

着替え衣装は男女共に用意しているみたいです。

Q. ふっかつのじゅもんについて教えて
A. 『DQXI』でのふっかつのじゅもん以外にも、『DQI』と『DQII』で使用した当時のじゅもんも使えます。皆さんご存知の、思い出深いふっかつのじゅもんを入力すると、自分の持ち物に思い出深いアイテムが入っているかもしれません。強い剣とか……。

ふっかつのじゅもんはいろいろと試したくなりますね。
ふっかつのじゅもんでしか入手できない隠しアイテム的なものがあっても面白そうですが、コンプリートに関わってくるので難しいかな・・。

Q. 『DQXI』では多くの新曲が収録されているそうですが、すぎやまこういち先生はどれくらい新曲を作られた?
A. 30曲以上は書いていただきました。昔の曲もたくさん入っているので、お楽しみに!

Q. なぜパパスは死ななければいけなかったのですか?
A. 『DQV』のシナリオを描いていて、本当はそうしたくなかったのですが、ゲマが倒してしまったんです(笑)。

急に『DQV』の質問ですw

といった感じの一問一答でした。

岡本さんによれば、「皆さんの熱量がすごいことに感動しました。まだまだ話したくて仕方がないことがたくさんあるので、発売後に皆さんと話せる機会を設けたいと思います」とのこと。

<まだまだ話したくて仕方がないこと>
というのが気になりますが・・・。深読みしすぎてもあれなのでこれくらいにしておきます。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、7月29日にPS4/ニンテンドー3DSで発売予定となっています。

スポンサーリンク