Switch版『Down in Bermuda』が国内向けとして2021年1月14日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Down in Bermuda (ダウン・イン・バミューダ)』が、日本でも海外と同日の2021年1月14日に配信されることが決定しました。

Switch版の販売価格は1,500円(税込)で、PCなどのプラットフォームにも同日に登場します。

本作は、スパイアドベンチャー『Agent A – 偽装のパズル (Agent A: A puzzle in disguise)』のYak & Coが開発を手掛ける、パズルや謎に満ちた一風変わったアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

奥地に潜むクリーチャーを倒し、島の秘密を解き明かし、帰る方法を見つけましょう。

おかしな嵐に巻き込まれたとある冒険飛行家が、何十年もの間、悪名高いバミューダに取り残されてしまいました。奥地に潜むクリーチャーを倒し、島の秘密を解き明かし、帰る方法を見つけましょう。

『ダウン・イン・バミューダ』はパズルや謎に満ちた、一風変わったアドベンチャーゲームです。冒険飛行家のミルトンが、バミューダ奥深くのタイムバブルに囚われてしまいました。ここから脱出するにはあなたの助けが必要です!

暗号を解読し、パズルを解き、魔法のオーブを集めて、順に繋がる独特な6つの島から脱出し、故郷への旅をすすめましょう。

スパイアドベンチャー『Agent A:A puzzle in disguise』の開発スタジオがお届けします。

© Yak & Co 2020

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする