一人称視点のホラーゲーム『Don’t Knock Twice』がNintendo Switchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Steamで配信されている一人称視点のホラーゲーム『Don’t Knock Twice (ドント・ノック・トワイス)』が、Nintendo Switchで発売されることが決定しました。
北米での配信日は2017年10月17日で、販売価格は14.99ドルとなります。

本作は、都市伝説をテーマにした一人称のホラーゲームです。
同名のスリラー映画が原作です。
この映画は日本でもDVD化されていて、Amazon等で購入可能です。
※一部のDVD取扱店でレンタルも可能です。

ドント・ノック・トワイス [DVD]
ドント・ノック・トワイス [DVD]

以下、Steamの商品紹介ページより。

ドント・ノック・トワイス(2回はノックしないで)は、心理的に迫ってくる恐怖の都市伝説をベースにした一人称のホラーゲームです。 仲違いした娘を助け出すため、罪悪感に苦しむ母親は復讐心に燃える凶暴な魔女の都市伝説に隠された恐ろしい真実を明らかにしていかなければなりません。 1回目のノックは彼女を眠りから覚まし、2回目のノックは死から蘇らせます。

壮大なマナーハウスの中を探検しながら、そこで出会うすべてのモノと対話していきます。 愛娘を見つけて助け出すため、プレイヤーはマナーハウスの中をすべて探検し、ツールを使って出くわす魑魅魍魎と戦ったり、逃げたりしながら、隠されたヒントを探していきます。

このゲームは、主演のケイティー・サッコフが戦いを繰り広げる母親ガラクティカの役を演じ、映画『ザ・マシーン』のカラドッグ・ジェームズが監督を努めた映画『ドント・ノック・トワイス』をベースにしています。

ゲームは、完全没入型デジタル体験を可能するため、最新のバーチャルリアリティヘッドセットに対応しています。 また、バーチャルリアリティヘッドセットがなくても、従来通りの方法でプレーすることもできます。

上記のように、Steam版はVRに対応しています。
また、バーチャルリアリティヘッドセットがなくても、普通にゲームプレイを楽しむことができます。
SwitchはVRに対応していないため、従来のプレイ方法で遊ぶことになります。

Switch版のものではありませんが、紹介映像もあります。

スクリーンショットもどうぞ。





北米では2017年10月17日から配信開始となりますが、国内での配信については不明です。
Steam版は現時点で日本語化されていないので、日本語版発売は微妙かもしれません。

最後に映画の予告編をどうぞ!

情報源:Nintendo公式サイト

©2017 WALES INTERACTIVE LTD. All rights reserved.