Switch版『Deponia』が国内向けとして2021年4月1日から配信開始!

スポンサーリンク


Nintendo Switch版『Deponia』が、国内向けとして2021年4月1日から配信開始になりました。
販売価格は2,390円(税込)に設定されています。

本作は、ドイツに拠点を置くデベロッパーDaedalic Entertainmentによって開発され、シリーズ3部作で展開されているポイントアンドクリック型のコメディータッチなアドベンチャーゲームです。
スチームパンク風のアニメーションイラストを特徴としています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。
※このゲームは日本語に対応していません。

廃品置き場出身のかわいそうな少年ルーファスを手伝って、天国から舞い降りた少女の心を勝ち取りましょう

Daedalic Entertainmentは、ゲーム雑誌GameStarによって「ドイツのLucasArts」と称されました。それは、ルーファスとゴールのクレイジーなラブストーリーを軸に広がる、素敵なコメディーアドベンチャーの世界に、プレイヤーを誘うスタイルから来ています。

広大なゴミ捨て場に成り果てた世界「デポニア」では、気まぐれなルーファスがみじめな生活を送っています。彼は社会階層の底辺に属していて、文字通りゴミの山で生きることを運命づけられているのです。そんな彼は、雲の上の浮上都市に住むお金持ちの世界に仲間入りするチャンスが来ることを望んでいます。ゴールという名前の、上層セクターに住む魅力的な女性がゴミ山に落ちてきた日、運命はこの鼻たれ少年に微笑んだように思われます。ルーファスは、この若い女性を助けて、彼女の夫のもとに連れて帰る決意をします。ゴールの夫がルーファスにそっくりだということを知ると、上層世界に仲間入りするための極悪非道な計画を実行しようとします。しかし、美しい女性への感情が彼のいつもの破廉恥さを抑え込んでしまうため、事は計画通りには進みません。

• 手描きのHD解像度2Dグラフィックのユニークなコミックスタイル

• 奇妙なキャラクターと風変わりなユーモア

• やりがいのあるパズルと数時間に及ぶ会話

• ダグラス・アダムズ(銀河ヒッチハイク・ガイド)、テリー・プラチェット(ディスクワールド)、マット・グレイニング(ザ・シンプソンズ、フューチュラマ)の伝統を取り入れたユニークな宇宙

© 2019 Daedalic Entertainment GmbH.
Deponia, the Deponia logo and the Daedalic logo are trademarks of Daedalic Entertainment GmbH. All rights reserved.