【電撃調べ】2018年1月15日~21日の販売ランキングが公開!『スプラトゥーン2』はSwitch初の200万本を突破!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスキー・メディアワークス事業局調べ(電撃調べ)による、2018年1月15日~21日の週間ソフト販売ランキングが公開されました。

<総括>
『スプラトゥーン2』30,303本を販売し、ランキング3位に入りました。
累計販売本数では2,005,235本となり、Switchソフトとしては初の国内200万本を突破しています。
なお、同期間におけるファミ通調べでは194万6769本、メディアクリエイト調べでは194万6,033本となっていて、電撃調べではやや多めに算出されています。

『スプラトゥーン2』は発売から約6カ月で200万本、『スーパーマリオ オデッセイ』は発売から約3カ月で150万本、『マリオカート8 DX』は発売から約9カ月で130万本となっています

2018年1月18日に発売されたSwitch用ソフト『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』は、82,811本を販売し、首位に輝きました。
Nintendo Switchで発売された他のマリオ作品と比べると実数的にはそれほど大きくありませんが、店頭消化率は85%前後と高水準で推移したとのことです。
※メディアクリエイト調べでは、66,692本で店頭消化率は78.26%。

実際のところ、ゲオやTSUTAYAでは品薄状態にあるという話なので、まだまだ売れていくと思います。
(バイヤーコメントより)

マリオ+ラビッツ キングダムバトル - Switch
任天堂 (2018-01-18)
売り上げランキング: 11

ちなみに、パッケージ版が品薄状態にある『ドラゴンボール ゼノバース 2 for Nintendo Switch』は、電撃調べでもメディアクリエイト調べでも50位以内に入りませんでした。
次は2月上旬に出荷があるそうなので、その頃にまたランキングに入ってくると思います。

情報源:電撃オンラインメディアクリエイト

スポンサーリンク