マルチプレイヤーパズルゲーム『Death Squared』がNintendo Switchで発売へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMG Studioが、マルチプレイヤーパズルゲーム『Death Squared』をNintendo Switchで発売すると発表しました。

『Death Squared』は、PS4/Xbox One/Steamで配信されているマルチプレイヤーパズルゲームです。

複数人で遊べるのが特徴で、みんなとワイワイ楽しみながらパズルを楽しむことができます。
即死トラップが多く仕掛けられているので、仲間と協力してトラップ突破を目指しましょう。

見た目的には、『IQ』とかああいった雰囲気を感じますね。

タイトルは、『Death Squared』と名づけられています。
Death=デス(死)
Squared正方形、四角、四角いもの、(チェス・将棋盤などの)目、(四角い)広場、スクエア、街区、街区の 1 辺の距離、丁、直角定規
という意味があります。
死のパズル・広場・正方形みたいなそういった意味と思っていいでしょう。

以下、Steamの配信ページより。

Death Squaredは、協力、コミュニケーション、ロボット爆発を特長とする、マルチプレイヤーパズルゲームです。

ところで、実際のところ、こういう説明を読んでる人っています? いるんですか?
いや、今マジでこれ読んでる人っている?www
じゃあ、念のために一応書いときますよww

Death Squaredは、1人、2人、または4人でプレイする協力型のパズルゲームです。
たっぷり楽しむために、好きな人、相性が合う友達なんかと遊んじゃってください。
ただし、ちょっとからかったりしても怒らないような人を探した方がベター。

Death Squaredで協調性なんかを証明できます。
一緒にパズルを解くか、一緒にパズルにズルズルと殺されるかの勝負です!

各プレイヤーは、ロボットを色分けされたゴールに導く必要があります。
でも、道は破壊的なトラップとか危険が盛りだくさんww
プレイヤーのチームは、お互い死なないように、解決方法を一緒に探すように注意深く観察して、コミュニケーションを取る必要があります。

シングルプレイヤーか2人のプレイヤーでメインキャンペーンをコンプリートしてから、グループで4人プレイのパーティーモードにして、究極のチームワークトライアルにいざ挑戦! 
それでももの足りなかったら、「Vault(地下倉庫)」に向かってください。
そこに追加ステージがあります。
あっ、ただし、心臓が悪い人にはオススメしません m(_ _)m

そのまま引用してます。
テンション高いですね。
海外のメーカーが開発していますが、この文章も外国人の方が考えたんでしょうか?w

といった感じで、パーティゲーム・パズルゲーム好きにはいいかもしれませんね。
配信日等については、また改めてお知らせがあると思います。

現時点で日本語版の配信は未定ですが、パズルゲームなので英語が分からなくても楽しめそう?

なお、Automatonによれば将来的に日本語にローカライズすることも計画しているようです。
日本語版の配信も期待してもいいかもしれませんね!
(スイッチ版がローカライズされるかは不明です。)

スポンサーリンク