Switch版『Dead Cells』の追加コンテンツ「Rise of the Giant」が日本で有料の理由は「日本のeショップに存在するある制限により有料にせざるを得なかった。」から。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年5月23日より、『Dead Cells』の追加コンテンツ「Rise of the Giant」がPS4&Nintendo Switch向けとして配信が開始されました。
PS4版については無料アップデートにて実装されていますが、国内Switch版は100円(税込)で販売されています。

Dead Cells – Rise of the Giant同梱版
追加コンテンツ「Rise of the Giant」
※本編とDLCの同梱版では、本編と同価格の2,480円(税込)で購入することが可能。

本来は無料DLCとなっているようで、海外のeショップでもPS4版同様に無料で配信されてます。

国内Switch版だけ有料の理由について、開発スタジオのMotion Twinは次のように説明しました。

フランスのインディースタジオMotion Twinは5月23日、現在販売中のローグヴァニア・アクションゲーム『Dead Cells』のDLC第1弾「Rise of the Giant」を、Nintendo Switch/PlayStation 4向けに国内配信した。
Nintendo Switch版は100円(税込)で販売されており、PS4版については無料アップデートにて実装される。

「Rise of the Giant」は本来は無料DLCであり、海外Nintendo Switch版でも無料配信されているが、弊誌がMotion Twinに確認したところ、日本のニンテンドーeショップに存在するある制限により有料にせざるを得なかったそうだ。そのため、設定できるもっとも低い価格である100円にしたとのこと。同スタジオは、日本のプレイヤーには申し訳ないと述べていた。
情報源:AUTOMATON

その理由は、「日本のニンテンドーeショップに存在するある制限により有料にせざるを得なかった。」からです。
ある制限の内容について語られることはありませんでしたが、日本のファンに向けて謝罪されています。


Dead Cells|オンラインコード版
Motion Twin (2018-08-07)
売り上げランキング: 3,176