『Cytus α (サイタス アルファ)』のTGS 2018 出典情報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年に発売が予定されているNintendo Switch用ソフト『Cytus α (サイタス アルファ)』が、TGS 2018にプレイアブル出典されます。
本日、出典情報が公開されました。

ホール8のフライハイワークスのブースで体験プレイできるとのことです。

また、合わせてTGS2018 トレーラーが公開されています。

出典情報

Rayarkの初めてのタイトルが発売されてから、まもなく7年を迎えようとしております。Rayarkは本日音楽ゲーム《Cytus》のNintendo Switch移植版《Cytus α》が日本のフライハイワークスからリリースされること、また、「東京ゲームショウ2018」にて、完全リニューアルされたゲームを世界中のプレイヤーに試遊していただけることを発表いたしました。

《Cytus α》は《Cytus》のストーリーやプレイ方法を基礎とし、ビジュアル、UI、ストーリーの演出方法をNintendo Switch用にリニューアルした完全移植版となります。

「Rayarkの1作目のタイトルとして、《Cytus》はRayarkの音楽ゲームの基礎を築き上げました。今回のリニューアルでビジュアルはさらに美しく精巧になりました。全く新しいゲームのように感じていただけたら嬉しいです。」と《Cytus α》プロデューサーの張翔(GuluJam)は語っています。

東京ゲームショウの体験版では、《Cytus》の新しい姿をお披露目いたします。また、試遊の中で、元来の良さを残しながら、全く新しくリニューアルされた様子をお楽しみいただけます。
また、《Cytus α》の新しいビジュアルでHOLY KNIGHTやSacred、Green Eye…など、おなじみの楽曲もプレイできます

また、《Cytus α》リリース時にNintendo Switch版限定のゲーム要素や楽曲を配信し、プレイヤー間の関わりを増やす計画を発表いたしました。

9月20日から9月23日までの期間、東京ゲームショウ2018、フライハイワークスブース(Hall 8-N06)にてお試しいただけます。

Cytus II 公式サイト
Cytus&Cytus II Facebookページ

情報源:4gamer

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク