サンドボックス型ゲーム『キューブクリエイターX』のティザーサイトがオープン!概要も公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『キューブクリエイターX』のティザーサイトが、本日公開されました。
メインビジュアルのほか、ゲーム内映像を見ることができます。

●キューブクリエイターX ティザーサイト


本作は、38万以上ダウンロードされる人気作となった『キューブクリエイター3D』、パッケージタイトルとして大進化を遂げた『キューブクリエイターDX』に続く、キューブクリエイターシリーズの第3弾になります。
これまではニンテンドー3DSでの発売でしたが、今回は対応ハードがNintendo Switchとなったことで、グラフィックやゲーム内容がこれまで以上にパワーアップしています。

サンドボックス要素以外にRPG要素も含まれているので、物作りやアクションだけではなくストーリーも堪能することができます。

キューブクリエイターDX – 3DS
キューブクリエイターDX - 3DS

キューブクリエイターX 概要

■その時の気分に合わせて楽しめるキューブの世界

本作には、生活・探索・育成・コミュニケーションなどあらゆる遊びの要素が詰まった「アドベンチャーモード」と、自分だけのオリジナルワールドを自由に創造できる「クリエイティブモード」、仕掛けが付いたギミックキューブを使ってオリジナルのステージを作る「ステージビルダーモード」などが搭載されており、その時の気分に合わせてキューブの世界を堪能できる!

■全てはホームワールドから始まる!

本作から新たに追加されたホームワールド。「アドベンチャーモード」ではここを起点として様々なワールドへと移動することができる。新たな冒険を求めて不思議なゲートから各ワールドへと移動しよう。また、ホームワールドは敵が出現しないエリアとなっているので、自分の家をカスタマイズしたり住民と会話を楽しんでアイテムを交換したりと、のんびりとした生活を楽しむことが可能だ。冒険に疲れた時はひとやすみしてから出かけよう!

■進化したシステム

キューブの種類は前作の3倍以上となり、大きさや重さ、熱や天候などの概念が追加された。例えば木を燃やして炭に変化させたり、嵐になった時は畑が荒らされるのでガラスのハウスで周囲を覆ったりと、時間の変化だけでなく様々なシステムが追加されたことで状況に応じたプレイが求められるぞ。

■クリエイト性が高まったアバターカスタマイズ

プレイヤーのアバターは細かく描けるように進化!立方体にドット絵風の好きなデザインをクリエイトできるぞ。前作よりも個性をだせるよう自由度が高まったアバターカスタマイズで、好きなようにデザインしよう。

情報源:アークシステムワークス

© ARC SYSTEM WORKS

スポンサーリンク