『アライアンス・アライブ』のキャトルコールがNintendo Switchの開発に取り組んでいることが判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アライアンス・アライブ』『レジェンド オブ レガシー』『勇現会社ブレイブカンパニー』など数多くのタイトルの開発実績を誇るキャトルコールが、Nintendo Switchの開発に取り組んでいることが同社の公式サイトから判明しました。

アライアンス・アライブ - 3DS
フリュー (2017-06-22)
売り上げランキング: 1,769
レジェンド オブ レガシー - 3DS
フリュー (2015-01-22)
売り上げランキング: 7,108

■主要取引先
・フリュー 株式会社
・株式会社角川ゲームス
・アルテピアッツァ株式会社
・Interactive Studios,Inc.
・株式会社NTTぷらら
・株式会社セガゲームス
・株式会社 バンダイナムコスタジオ
・株式会社マーベラス

■開発実績
・Nintendo Switch
・ニンテンドー3DS Wii
・PlayStation4
・PlayStation3 PSP
・Xbox360
・iPhone iPad Android
・PC及びアーケード

具体的なタイトル等は発表されていませんが、何かしらの開発に関わっていると考えて良さそうです。

上記にあげたタイトル以外ですと、『オプーナ (プログラム)』や移植版『ドラゴンクエストⅥ/Ⅴ/Ⅳ』などの開発にも携わっています。

ちなみに、『オプーナ』は昨年9月に公式Twitterが開設されました。
キャトルコールの公式Twitterは下記ツイートをリツイートしていることから、今は全く無関係というわけでもなさそうに思えます。
もちろんかつて開発に関わったタイトルなので、そのためにリツイートしただけかもしれませんが。

いずれにせよ、開発に関わったタイトルに関していつか発表があるかと思うので続報をお待ちください。

情報源:Siliconera

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク