Switch版『カンニバルクッキング』が2020年5月20日に配信決定!カオスなオフライン協力料理ゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『カンニバルクッキング (Cannibal Cuisine)』が、2020年5月20日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,450円(税込)ですが、2020年5月31日 23:59までは割引価格の1,087円(税込)で購入することができます。

本作は、1~4人のプレイヤーで遊べる、カオスなオフライン協力料理ゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

【トレーラーはこちら】
Cannibal Cuisine I Official Announcement Trailer 2019

人食いになって遊べる、カオスなオフライン協力料理ゲーム!
1~4人のプレイヤーがジャングルや寺院、火山で観光客を狩って、人食いの神々に捧げよう。死の高級料理

フーチョーブー神はお腹を空かせて、キミを食べたがっている。腕の良い人食い料理人の常識通り、食べられたくなかったら料理しないと!

■島のツアー
島全体を巡るキャンペーンで、20以上のレベルを最初から最後まで料理して全クリアしよう!ジャングル、寺院、ビーチ、熱々で美味しそうな溶岩溢れる火山を訪ねてみよう!

■奇妙な料理活動
フーチョーブーをなだめるためには、料理以外のこともしなければいけない。破滅のトゲトゲ丸太を追い抜き、ジャングルのアリーナで観光客やツアーボスのウェーブを倒し、他の挑戦レベルをクリアして実力を発揮しよう。

■ブードゥークッキング!
神秘的なブードゥーパワーは、ダッシュしたり、ヒーリングトーテムを設置したり、火を吐いたりすることができる成功に不可欠な要素。マルチプレイモードでは、一人ひとりの料理スタイルに合ったアビリティを選択してプレイしよう。

■フードフェス? フードファイト?
ソロで、または最大4人のシェフで料理しながら地獄の台所を巡ろう。
PvPモードで他のプレイヤーとフードファイトで対戦しよう! シェフがたくさんいるキッチンで、カオスはお約束

© Rocket Vulture