Nintendo Switch版『Buddy Collection if -宿命の赤い糸-』が2018年春に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『Buddy Collection if -宿命の赤い糸-』が、2018年春に発売されることがPLiCyから発表されました。

ダウンロード専売となり、販売価格は800円(税抜)が予定されています。

本作は、なるとりっくが開発を手掛ける女性向けの推理アドベンチャーゲームです。
微乙女×推理ノベルゲームというテーマを元に、女性向け要素も楽しみつつ本格的な推理が楽しめるADVとして制作されています。

もともとはブラウザとスマホで遊ぶ自作フリーゲームの公開・共有プラットフォーム「PLiCy」にて配信されていたタイトルで、第三回PLiCy ゲームコンテストにてライター部門金賞を受賞するなどフリーゲームながら高い評価を得た作品です。

全5エピソードで完結が予定されていて、現在までに「EPISODE.1 宿命の赤い糸」と「EPISODE.2 スクエアの悪魔」が配信されており、EPISODE.3以降は現在も制作中とのこと。

今回発売される『Buddy Collection if -宿命の赤い糸-』は、 通常の「EPISODE.1 宿命の赤い糸」の内容に加えて、全キャラルートの加筆と、九条悠と瀧翔太の個別ルート、七見隼人・坂城美貴が出る人狼風ゲームの追加シナリオが加えられており、オリジナル版をプレイした人も再び楽しむことができるようになっています。

ゲームの特徴

■Buddy Collectionとは?
探偵×学園×相棒 バディを信じて謎を解け!
探偵の学校に通う女子高生になって、問題児達とバディを組み、陰惨な殺人事件の謎を解いていくゲームです。
女性向けで、バディとなる生徒達との恋愛要素があります。

■こんな人におすすめ!!
・推理ゲーム、推理漫画が好きな人
・デスゲーム好きな人
・乙女ゲームに興味はあるけど、一歩踏み出せない人

■ストーリー
主人公(凪沙)は操作の最中に記憶とバディを失ってしまった女子高生。
元は特Aクラスの生徒だったが、Eクラスという最もランクの低いクラスに降格されてしまう。
Eクラスは、誰ともバディを組めない問題児達の寄せ集め。この中から新しいバディを選ぶべく、合宿をすることに。
しかし、そこで事件が起きてしまう―――……

情報源:4gamaer

PLiCy版 PV

なお、PLiCy版『Buddy Collection』こちらから遊べるので興味のある方はチェックしてみましょう。

Buddy Collection 公式サイトはこちら

(c)PLicy.
(C)なるとりっく 2018

スポンサーリンク