Switch版『Bridge Constructor Portal』の海外配信日が2018年2月28日に決定!「Bridge Constructor」「Portal」とのコラボタイトル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Bridge Constructor Portal』の海外配信日が、2018年2月28日に決定しました。
HeadUp Gamesが発表しています。

本作は、人気物理パズル『Bridge Constructor』『Potal』のシステムを融合させたスピンオフ作品です。

プレイヤーは、Aperture Science研究所の新規従業員として、60のテストチャンバーで橋や斜道、スライドなどの建造物を作り、ベンディーたちを車両に乗せて無事ゴールラインを突破を目指すことになります。

Steam&iOS,Android版は2017年12月21日より配信が始まっており、コンソール版(PS4,XboxOne,Switch)は少し遅れてリリースされることになりました。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

Aperture Scienceエンリッチメント・センタに潜入し、「Bridge Constructor Portal」を体験しよう。クラシックな「Portal™」と「Bridge Constructor™」が独自に融合されています。
Aperture Science研究所の新規従業員となったあなたの仕事は、60のテストチャンバーで橋や斜道、スライドなどの建造物を作り、ベンディーたちを車両に乗せて無事ゴールラインを突破することです。
ポータルや滑走ゲル、反発ゲル、エアリアルフェイスプレート、キューブなど、Portalのガジェットを使いこなし、見張りのタレットや酸のプール、レーザーバリアをかわして、スイッチパズルを解き、テストチャンバーを抜け出そう。
GLaDOS(グラドス)の声優エレン・マクレインがチュートリアルのガイドとなり、Aperture Science従業員を育てるヒントやトリックを教えてくれます。
橋は嘘だ!

<特徴>
・「Bridge Constructor™」第1作に「Portal™」公式ライセンスで2つの世界が融合されました
・Aperture Science研究所で複雑な建造物を建設しよう
・GLaDOSがトリッキーな物理アドベンチャーの友になろう
・ポータルやエアリアルフェイスプレート、滑走ゲル、反発ゲルなどを使って複雑なタスクをマスターしよう
・見張りのタレットや解放グリル、レーザーフィールド、酸などの危険を回避しよう
・ベンディーたちを助けてゴールラインを単独または車列で突破しよう

ゲームプレイトレーラーもあります。

スポンサーリンク