『ブラスターマスター ゼロ』のパッケージ版がESRBによって評価される!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ブラスターマスター ゼロ』のパッケージ版が、アメリカのゲームソフトのレーティング審査機構ESRBによって評価されました。

本作は、ニンテンドー3DS&Nintendo Switch向けとして2017年3月3日にデジタル専用でリリースされた、8-Bitスタイルのサイドビュー+トップビュー混成型の探索アクションゲームです。

1988年にサンソフト(サン電子株式会社のブランド)から発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『超惑星戦記メタファイト』をベースにしていて、新たなエリアやボスの追加、サブウェポンの追加、アクション性の改善、シナリオ、探索要素の拡充などを行い、ほぼ完全新作タイトルのようになっています。

デジタルバージョンはインティ・クリエイツによって開発・配信されましたが、パッケージ版はNicalisがパブリッシャーとなるようです。

現時点でパッケージ版の公式発表はありませんが、信頼できるサイトに評価されたということで可能性はかなり高いはずです。

情報源:Nintendo Everything

スポンサーリンク