PS4&Xbox One&Switch版『聖女戦旗』の配信時期が2020年に決定!フランス革命をテーマにした歴史系シミュレーションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&Xbox One&Nintendo Switch版『聖女戦旗 (圣女战旗 Banner of the Maid)』の配信時期が、2020年に決定したことがパブリッシャーのCE-AsiaとデベロッパーのAzure Flame Studioが発表されました。

本作は、18世紀末のパリ、フランス革命をテーマにした歴史系ファンタジー・シミュレーションRPGです。

ちなみに、このゲームは日本語への対応も計画されていましたが、資金面の問題から日本語への対応が中止になることが今年4月にアナウンスされてます。
つまり、コンソールでの日本語版リリースは現時点であまり期待できないと考えて良いでしょう。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

『聖女戦旗』はフランス革命を舞台とするシミュレーションロールプレイングゲームです。
特殊な才能で運命を変えた少女ポーリーヌ・ボナパルトが主人公となり、彼女と共に軍隊を率い数々の難関に挑む。サロンの美酒と戦場の硝煙を浴び、崢嶸たる歳月の中繰り広げられるストーリーを楽しもう。

■フランス革命期を生きる英雄の物語
『聖女戦旗』は、18世紀末から19世紀初頭まで続いた、フランス革命を舞台としたシミュレーションロールプレイングゲームです。18世紀末、国王ルイ16世は国外逃亡を試図する中、混乱と変革をもたらしたフランス革命のあらしは、ヨーロッパを席巻するものとなった。プレイヤーは少女士官ポーリーヌ・ボナパルトとなり、一介の士官から始まり、自分だけの征途へ踏み出す。パリにて暗躍する多数の勢力と渡り合い、戦火と硝煙の最中唯一無二な英雄物語をここに記しましょう。

■サロン社交を元にした激しい政治衝突
情勢がめまぐるしく変化するフランス革命期:王党派、フイヤン派、ジャコバン派、マルメゾン派等の各勢力がパリにて策略を巡らせる。「マルメゾンサロン」を拠点とし、政治の渦に身を置くポーリーヌ・ボナパルトは、各勢力と渡り合い、彼らに依頼された任務と挑戦に挑んで行く。王室と政府の重要人員との関係を疎通し、彼らの支持を得て武器・装備の改善や、食糧・補給の資金を調達する。それと同時に、パリの街の奥底に隠された聖女の秘密を探求するのである。

■異なる才能を持つキャラクターが数々登場
フランスを席巻した革命と謎に包まれた聖女は、ヨーロッパの運命を変える。
英雄が輩出する変革の時代:秀英で信頼すべき将官、王室に仕える機密組織のメンバーに、常人離れした音楽才能を持つ楽師……30数人にも及ぶ異なるキャラクターが登場、彼らを招集し君の配下に置こう。それぞれの物語が彼らを描き出す、そして明官へと育て上げ戦局を制圧せよ。

■当時の色彩を持つバトルシーン
独特な魅力を持つストラテジーとして、フランス革命時代の戦場を生きた戦列歩兵、騎兵や砲兵等数々の軍隊を指揮することで、時代感あふれる戦場シーンを再現。
指揮官を育て各戦術・スキルを学習し、強大な敵軍を凌ぎ落す。

■豊富且つ多変なステージマップ
30+のステージマップ。市町、平原、雪地帯など、数々の戦場特性を利用し優位に立とう:
-作戦に影響を及ぼす地形要素
-異なる兵種に利をもたらす陣地
-ストーリーと共に現れる特殊事件
-暴雨、大雪、迷霧、闇夜など全軍に影響する環境変化

経由:Gematsu

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク