アトラスの平岡直人さんが台湾のゲームサイトのインタビューに答える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾のウェブサイト巴哈姆特(Bahamut)が、台北ゲームショーに参加したアトラスの平岡直人さんにインタビューを行いました。
平岡さんは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に参戦することになった「ジョーカー」や、Switch版『ペルソナ5』について次のように言及しました。
(当然、完璧な翻訳ではありません。強くは参考にはしないでください。)

Bahamut:アトラスは最近『ペルソナ5』の新しいプロジェクト「P5R」を公開しましたが、その詳細についてはまだ明確ではありません。
平岡氏:この部分を開示していませんので、3月の発表を待ってください。

Bahamut:『ペルソナ5』のジョーカーは、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」に参加することが発表されましたが、ジョーカーを戦闘に参加させた機会は何ですか?あなたはジョーカーが参加することで個人的に何を期待しますか?
平岡氏:今回は主に株式会社ソラの桜井政博氏の招待により、このコラボレーションに貢献しました。桜井さんは『ペルソナ5』が大好きで、個人的にも「大乱闘スマッシュブラザーズ」が大好きだったので、招待を受けたときに最初に考えたのは「素晴らしい!」であり、私たちが協力関係を築けたのが嬉しいです。

Bahamut:『ペルソナ5』は現在Nintendo Switchのプラットフォーム上にはありませんが、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」にキャラクターが登場しました。『ペルソナ5』シリーズが任天堂のプラットフォーム上で何かすることを意味しますか?
平岡氏:この点に関して具体的な答えはありませんが、個人的にはNintendo Switchはとても魅力的なコンソールだと思っています。

Bahamut:『真女神転生V』は2年以上前に始めて発表されましたが、それ以上の情報は公開されていません。開発の進捗はどうでしょうか?Nitendo Switch以外の他のプラットフォームでリリースされるだろうか?
平岡氏:『真女神転生V』はまだ開発中ですが、Nintendo Switchでゲームを開発することがアトラスの始めての挑戦なので、多くの試みがあります。そして作品を発表する方法はこれからの私達の挑戦です。辛抱強くフォローアップのニュースを待ってください。

情報源:巴哈姆特

© ATLUS © SEGA All rights reserved.

スポンサーリンク