Switch&PC用ソフト『Backbeat』が2022年後半に発売決定!

スポンサーリンク


Ichigoichieが、Nintendo Switch&PC用ソフト『Backbeat (バックビート)』を2022年後半に発売することを発表しました。
価格は未定で、有限会社ハチノヨンがローカライズを担当するとのこと。

本作は、1995年の郊外アメリカを舞台とした、巻き戻し可能なマルチリニアタイムベースの音楽パズルゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作のが様です。

新型クリエティブ音楽パズルゲーム。四つの時間軸を制御して自分のバンドを環境パズルから導く。ファンキーなトリックを行って得点数を最大化する。オーディオエフェクトとプレースタイルを編集して自分らしく音楽を変える。

気鋭のベーシスト、ワッツと彼女の友人たちを導き、独自の曲を作り上げ、ファンを獲得しよう。40以上のレベルに時間を巻き戻しながらワッツ達の行動を指示することにより音楽が作られていく。ゲームを進行する毎に新しい楽曲素材、音楽テクニック、クールな90年代アメリカのステージを解放する。

【FEATURES】
■巻き戻し可能なマルチリニアタイムベースのパズル
■プレイヤーで指示した行動からオリジナル楽曲を作る
■本格的な音楽ルールとテクニックを利用して得点数を最大化
■90年代の郊外アメリカを舞台にしたストーリー

【MUSIC】
ワッツと共にファンクとフュージョンの冒険の旅に出よう。ソウルフルなグルーヴ、ホットリックとライブ収録した演奏はゲームの基盤になる。七人のファンクマスターは20種類の音楽テーマを録音した素材でバックビートのダイナミックな音楽が生み出される。 自分の移動選択肢から楽器のクリップを組み合わせ、レベルをクリアする毎に新しい楽曲が現れる。任意的な楽器とエフェクトペダルで音楽をカスタマイズできる。

【MECHANICS】
各キャラクターは特別な動きからパズルの新しい解き方と障害物にあたる。キャラクターを動かすと一つのターンが消費されて、時間軸に相手キャラクターと新しい協力の可能性を作ったり、敵にぶつかる箇所も作れる。ターンを一個巻き戻すと新しい解き方も見つかる。

各キャラクターを個別に弄って、「タイムライン」時間軸を巻き戻したり、早送りする。タイムラインで起こった変更された行動は過去と未来に反映される。これで他のキャラクターへの障害物を外したり、追加されるケースもある。

それぞれのキャラクター毎に限定されたパワームーブもある。ベーシストは細い所に忍び足、ショルキー奏者は敵を避けてワープしたり、ドラマーは壁を壊せる。パワームーブを溜めておき一番良いタイミングで使えば、最大得点数が得られる。

四つの音楽リソースは移動ルールを制御する。ルールに上手く従ってキャラクターをナビゲートするとチェーンができるが、下手に使うとパズルに嵌った状態になる。

【CONCEPT】
バックビートは90年代の16と32ビットのストーリーゲームに敬意を表します。アナログ時代とインターネット誕生の文化を再現します。米国ワシントンDC郊外のダイナー、ショッピングモール、と居心地がいいゲーセンを作りました。

面白いNPCキャラは仲間と敵になります。ワッツはリーダーになることで困難と苦しみを経験します。
優秀な翻訳会社8-4によりストーリーを日本語化しましたので楽しみにしていてください!

情報源:Gamer

(c) 2021-2022 Ichigoichie AB. All rights reserved.