Switch版『Azuran Tales: Trials』が海外向けとして2019年6月に配信決定!高難度の2.5Dアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Azuran Tales: Trials』が、海外向けとして2019年6月に配信されることがTiny Trinket Gamesから発表されました。

本作は、インディーデベロッパーTiny Trinket Gamesによって開発された、RPG要素を含んだ高難度の2.5Dアクションゲームです。
『DARK SOULS』シリーズ、『Dead Cells』、『Salt and Sanctuary』、『Dark Devotion』、『Unworthy』といったタイトルから影響を受けて作られました。

プレイヤーは死者の神Drukandraの手によって蘇り使命を託されたヒーローとなり、Magrathを討伐する旅に出ます。
古典的な横スクロールのゲームプレイを特色にしており、複雑な洞窟、浮かぶ都市、呪われた寺院など危険な15のステージを探検することになります。

下記にSwitch版の紹介映像があるので、興味のある方はチェックしてみてください。
なお、GameSparkでは開発者へのミニインタビューも掲載されているので、詳しく知りたい方はこちらもチェックしておくと良いでしょう。
ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】

情報源:Nintendo Everything

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク