Switch版『アスタブリード』が発売決定!2.5Dによるドラマチックロボットアクションシューティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本の同人サークル「えーでるわいす」によって開発された『アスタブリード (Astebreed)』が、Nintendo Switch向けとして発売されることがPLAYISMからアナウンスされました。
2018年9月20日から23日までの期間、千葉県・幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2018」にて本作が出展される予定です。

本作は、マルチスクロール2.5Dによるドラマチックロボットアクションシューティングです。
国内ではPS4&PC(Steam)向けとして配信されていますが、Switchにも対応ということになります。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

2.5Dドラマチックロボットアクションシューティング!
異星と地球の技術が融合された宿命の機体“クロスブリード”を操り、ド派手に、スタイリッシュに戦場を駆け抜けろ。
これが現代のフィーリングを取り入れた、シューティングゲームの進化系だ。
鮮やかに戦うには腕前がモノを言う。ショット・ロックオン・ブレード、三種の兵装を駆使して戦え!

進化した演出・グラフィックで、ステージはよりダイナミックに。物語はよりドラマチックに。
充実のチュートリアル&三段階の難易度設定で、STG初心者からコアシューターまで楽しめるゲームバランスに仕上がっています。
シューティングゲーム初心者も安心!

<ストーリー>
異星文明ファイルーン襲来。
人類が異星文明『ファイルーン』との決戦に敗れてから約半年。
人々は出口の見えぬ喪失感と狩られる恐怖に怯えながらも社会を永らえさせようと日々懸命に生きていた。
そんな折、戦力の大半を失い萎縮してしまった地球連合に見切りをつけたダニエル・オブライエン提督とその一派は上層部の制止を押し切り、半ば叛乱も同然に敵本拠地『移動惑星』への最期の攻撃を敢行する。
その傍らには、亡き英雄の戦闘技術を受け継ぐ青年と、「現実改竄装置(ルーキス)」と名乗る少女の姿があった。

<特徴>
●ゲームシステムが把握できる導入専用ステージ
●さらに深く理解するための細やかなチュートリアルも完備
●シールド自動回復システムで多少の被弾は心配なし
●3段階の難易度設定で、それぞれ敵パターンが変化し、異なるゲーム性が楽しめる
●オンラインランキング・実績システムも搭載

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク