Switch版『Agent A – 偽装のパズル』が2019年8月29日に国内配信決定!エピソード仕立てのスパイアドベンチャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Agent A – 偽装のパズル (Agent A: A puzzle in disguise)』が、2019年8月29日に発売されることが決定しました。
販売価格は1,500円(税込)です。

本作は、オーストラリアのデベロッパーYak & Coによって開発され、スマートフォン向けとして配信されているエピソード仕立てのスパイアドベンチャーです。

脱出ゲームをベースに、1960年代をイメージしたスタイリッシュなグラフィック、35の探索できる環境、インベントリーベースのパズル100種、パズルスクリーン50種などを特徴としています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

Agent A、本部から新たなミッションが届いた。敵スパイのルビー・ラ・ローグが我々の特殊エージェントを狙っている。ルビーを見つけて、捕らえてくれ。それが君のミッションだ。

プレイヤーはエージェントAとしてミッションに挑む。
ミッションは(やる気があればの話だが) ルビー・ラ・ルージュのアジトに侵入し、捕らえるか始末すること。

60年代をテーマにスタイリッシュなグラフィックで描かれた世界を探れ。
そこにはレトロで変わった仕掛けや、隠された装置やガジェット、そしてスマートなロジックベースのパズルが盛り沢山!
でも、ルビー・ラ・ルージュをあなどるな!
追っているのか追われているのかわからなくなりそうな、ちょっとクセのある難解パズルラビリンスにチャレンジ!

何かおかしな事や不自然な物に気が付いたかな?
切れ者エージェントのように注意深く物事を観察すれば、巧妙なパズルをきっと解決できるはず。
ルビーのアジトにある物をうまく活用すれば、標的のルビー・ラ・ルージュに迫り、パズルを解けるはずだ!

•1960年代風のスタイリッシュなグラフィック
•探索できる環境35種
•インベントリーベースのパズル100種
•パズルスクリーン50種

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク