コンソール版『A Winter’s Daydream』が2019年10月8日に配信決定!約50,000語のテキストを含むビジュアルノベル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&PSVita&Xbox One&Nintendo Switch『A Winter’s Daydream』が、海外向けとして2019年10月8日に配信されることがパブリッシャーのSometimes Youからアナウンスされました。
販売価格は700円(税込) / 5.99ドルに設定されています。

本作は、海外インディー開発者ebi-himeによって開発された、約50,000語のテキストを含むビジュアルノベルです。

19歳のユウは、実家の雰囲気がひどく悪いと感じ、人里離れたおばあちゃんの家へ出かけました。

孫と祖母の再会、それははじめ平凡なものでした。
しかしある月の夜、一筋の流れ星が空を横切るのを二人が目撃したのを切っ掛けに物事が動き始めます。

翌日、若い少女にトランスフォームしたおばあちゃんをユウが見つけたのです。
なぜおばあちゃんがこの姿になってしまったのか。
ユウは祖母を元に戻す方法を探します。

<主な特徴>
■Sweetest Monster、Blackberry Honey、The Way We All Goの著者ebi-himeによるストーリー
■約50,000語のテキスト(約3~4時間の読書)
■詳細な背景とキャラクターアート
■カスタムOST
■選択肢や分岐のないキネティックストーリー
■とてもかわいいおばあちゃん!!!

以下、Xboxの公式サイトより本作の概要です。

故郷の田舎に帰還したその少年は、その前に半年のあいだ街で暮らし、思いもよらない出来事。
高齢のおばあちゃんがキュートな若い少女にトランスフォームするという事件に遭遇した!
喧騒が待ち受ける。

19歳のユウは、妹の音子に我慢がならないが妹も同じだ。
ユウが最後に妹と会ったのは1年前で、その後この退屈な故郷の町を逃げ出し騒々しい都会で就学したが、新年がやってくる時には、故郷に帰らなければならない気がしたのだ。
不幸なことにユウがいないからと言って妹の性格が丸くなることはなく、音子は依然不機嫌で、それもかつてないくらいだった。

ユウは実家の雰囲気がひどく悪いと感じ、また逃げ出すことにした。
今度は都会ではなく雪深い人里離れたおばあちゃんの家へ。

孫と祖母の再会、それははじめ平凡なものだった。
しかしある月の夜、空を一筋の流れ星が横切るのを二人が目撃したその夜にそれははじまった。

翌朝、ユウはまだ寝ぼけまなこでキッチンに入って観たものは…
「君は誰?おばあちゃんの家で何をしているんだ?」

それは、おばあちゃんがキュートな若い女の子にトランスフォームした姿だったのだ!

祖母がこのようにひどく変わってしまったのは一体なぜだろう?ユウは祖母を元に戻すことができるのか?そして祖母はどうしてこんなにかわいいの?!

スポンサーリンク