Switch版『A Dark Room』が2020年5月7日に国内配信決定!テキストベースのアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『A Dark Room』が、2020年5月7日に国内向けとして配信されることがパブリッシャーのCircle Entertainmentと開発者のAmir Rajan氏からアナウンスされました。

販売価格は700円(税込)に設定されています。

本作は、 PCブラウザiOSAndroid向けとして配信されている、テキストベースのアドベンチャー/シミュレーションゲームです。
古典的テキストゲーム『ゾーク(Zork)』を思い起こさせつつも、現代的なスパイスがちりばめられているのが特徴とのこと。

基本的にはテキストのみでゲームが進行するため、プレイヤーの認識や行動、そして想像力が重要になります。

視覚的にはシンプルですが、豊かなテキストで奥深い冒険を体験することが可能です。

Switch版には、通常のコントロールに加えてタッチスクリーンによるプレイ、最適化されたユーザーインターフェース、本バージョン限定でローカルでの協力プレイモードが搭載されています。

なお、こちらから日本版(PCブラウザ用)をプレイすることもできるので、興味のある方は遊んでみましょう。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

目が覚めた。頭痛がする。視界はぼやけている。…火を灯そう。

『A Dark Room』は、新感覚のテキストベースアドベンチャーゲームです。古典的テキストゲーム『ゾーク(Zork)』を思い起こさせつつも、現代的なスパイスがちりばめられています。
本作では、あなたの認識力・行動力・想像力が試されます。画面はとてもシンプル。テキストのみの視覚的情報から手がかりを得ながら進むも、深まる謎めいたストーリー。サウンドも想像を掻き立ててくれます。

世界を知覚する感覚が、あなたを魅了します。限られた選択肢の中で暗い部屋から始まり、物資を管理し、そのすべての選択が複雑なストーリーへとつながります。

コントロールまたはタッチスクリーンでプレイして頂けます。
最適化されたユーザーインターフェイスと、本バージョン限定でローカルでの協力プレイモードを搭載。

『A Dark Room』、それは未知なるストーリーへの扉。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク