4Gamerのゲーム業界著名人コメント集でアトラスの山井一千氏が『真・女神転生Ⅴ』について言及!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月29日に公開された4Gamerのゲーム業界著名人コメント集で、アトラスの山井一千氏がNintendo Switch向けとして開発中の『真・女神転生Ⅴ』について言及しました。

以下、4Gamerより。

アトラス
真・女神転生シリーズプロデューサー
山井一千
<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「真・女神転生V」を現在、開発中です。タイトル発表以来、続報が無くヤキモキさせてしまい大変申し訳ありません。とはいえ開発自体は確実に、着実に、進んでいますのでご安心下さい。「V」は、「真・女神転生III NOCTURNE マニアクス」の発売から実に14年以上ぶりとなる据え置き機でのリリースということもあり、業界最高峰のアンリアルエンジン4(UE4)を導入させてもらい、気合いを入れて開発しています。UE4のクリエーターの欲求をどこまでも叶えてくれる自由度の高さと作業効率のずば抜けた良さ、そして僕らアトラスの細部まで徹底してこだわる作り込みの精神が相まって、仕上げまでにはまだ時間を頂きたい状況ではありますが、チームの開発スタッフは現在、ものすごく頑張ってくれています。そのお陰もあり、僕ら開発の張本人がびっくりするような出来栄えのゲームシーンにチェックの段階で何度も出くわしており、日々ワクワクしながら開発者冥利を実感しています。2019年はいよいよ、皆様に”いろいろ”を問う年になりそうです。正直、期待と不安で一杯ではありますが、これまでのスタッフの努力が大きく実ることを願っています。あともう少しだけ、続報をお待ち頂けましたら幸いです。
情報源:4Gamer

上記のように現在気合いを入れて開発しているようなので、続報が公開されるのを楽しみに待ちましょう。

また、同じくアトラスの橋野 桂氏もインタビューに答えていて、新スタジオでメガテンでもペルソナでもない、全く新しいRPGを開発中ということを明らかにしました。
プラットフォームなどは発表されていません。

スポンサーリンク