Switch版『39 Days to Mars』が2019年5月16日に国内配信決定!19世紀を舞台にしたパズル型アドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『39 Days to Mars』が、2019年5月16日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,520円(税込)ですが、5月22日 23:59までは割引価格の1,368円(税込)で購入できます。

本作は、インディーデベロッパーIt’s Anecdotalが開発を手がける、19世紀を舞台にしたパズル型アドベンチャーゲームです。

主人公は、19世紀の探検家であるアルバート・ワイクス卿とクラレンス・バクスター閣下です。
彼らは、英国軍艦フィアフルで火星への処女航海に挑むことを決めます。
しかし、航海にはさまざまな困難が待ち受けていました。
困難を突破するために2人で力を合わせましょう!

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

2人の紳士とちょっと奇妙な旅に出かけよう
19世紀なのに火星を目指すパズルアドベンチャー

『39 Days to Mars』は、2人の探検家が火星を目指す笑いにあふれたパズルアドベンチャーゲームです。

天文学者が宇宙に生命体がいることを発表!
そこで、19世紀の宇宙探検家である「アルバート」と「バクスター」は、謎の宇宙生物を捕獲するために火星を目指してみることにしました。

「HMS恐怖号」に乗り込み、いざ火星の旅へ!
しかし、その旅はクスッと笑える奇妙なトラブルだらけ。ある日は蒸気エンジンが問題を起こし、またある日は紳士の旅には欠かせない紅茶が冷めきってしまいます。
そんな2人を助けるため、あなたも一緒にパズルを解きましょう!
お土産として紅茶にあうものを頼まれたのも忘れずに。

<ゲームの特徴>
◆友達や家族と火星を目指そう
2人協力プレイが最大限楽しめるようにデザインされたパズルを、友達や家族と一緒に挑戦しながら火星を目指しましょう!
もちろん、1人でもネコと一緒に旅に出ることができます!

◆独特な世界を創るアート&ミュージック
とってもユニークな手描き風のアートスタイル。
さらに、フルボイス(英語音声)で流れる会話が臨場感を生み、表現豊かな美しいピアノ曲も火星への旅を鮮やかにしてくれます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク