Nintendo Switch版『20XX』が海外で7月10日に配信決定!ロックマンライクのローグライク2Dアクション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


発売されることが噂されていたNintendo Switch版『20XX』が、海外で7月10日に配信されることがBatterystaple Gamesから正式アナウンスされました。
PS4,Switch版が7月10日配信で、Xbox One版が7月11日に配信です。

合わせて紹介映像が公開されています。


本作は、米国のデベロッパーBatterystaple GamesとFire Hose Gamesによって開発された、横スクロールの2Dアクションゲームです。

「ロックマン」シリーズ(中でもロックマンX)からインスパイアを受けたタイトルですが、オフライン&オンラインによる2人マルチプレイに対応していたり、ローグライク要素を持つなど独自の機能もあります。

「ロックマン」のようにキャラクターのパワーアップ要素もありますが、やられると強化がリセットされてしまいます。
獲得通貨はリセットされないので、それを集めてキャラクターを強化していく感じになります。

ステージは自動生成が採用されていて、プレイするたびに新鮮な気持ちで遊べます。



プレイヤーは、主人公をエースとニナから選ぶことができます。
(2人プレイの場合は片方ずつ使う)

エースはブレードによる近接攻撃、ニナはショットによる遠距離攻撃と、使用武器が異なるのでうまく使い分けていこう。

コンソール版には、PC向けとして配信中の「Hawk Character DLC」が含まれています。
このDLCでは、新キャラクターの「Hawk」が登場します。

対応言語は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、日本語、韓国語、簡体字中国語となり、日本語もサポートされています。
ただし、現時点で国内のeショップで配信されるかは不明です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク