Switch版『198X』が2020年1月23日に国内配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『198X』が、2020年1月23日に配信される予定です。
ダウンロード専用で、販売価格は980円(税込)に設定されています。

PS4でもリリース予定がありますが、こちらの配信日はまだありません。

以前も紹介しましたが、Switch版の商品ページが公開になりましたので改めて紹介します。

本作は、80年代のアメリカのゲームセンターを舞台にしたオムニバスゲームです。
ある一人の少年がアーケードゲームを発見し、のめり込み成長していくドラマが展開されます。

最大の特徴が、古典的名作にインスパイアされた80年代風のオムニバスゲームが登場することです。
5つの異なるジャンルのアーケードゲームで構築されており、ベルトスクロールアクション、横スクロールシューティング、レースゲーム、横スクロールアクション、コマンド型3DダンジョンRPGの5本があります。

いずれも、1本のフルゲームから切り出したようなハイクオリティーの仕上がりになっているとのこと。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

『198X』――コイン1枚で、別の人生への入り口が開く。
「ここはサバービア。都会の外れにある町。時代は、1980年代のいつか」――自由を持たない無垢な子どもと、逃れることのできない責任が伴う大人――そのはざまにとらわれた、「キッド」の物語。ある日キッドは、地元の町でゲームセンターを見つける。ゲームの中は、それまでの“当たり前”が当たり前じゃない、まったく新しい世界だった。毎晩のように足を運んでは、新しいゲームと出会い、新たなアクションをマスターし、敵を倒していく。そのたびに、キッド自身も強くなっていった。そして、現実とゲームの境界はあいまいになり……

・ジャンルの異なる、5つの本格アーケードゲーム風ステージ
・9人の一流ピクセルアーティストたちが生み出す、美しいレトロ調スプライトの数々
・古代祐三氏、スウェーデンの人気デュオSinephonyを始めとするコンポーザーたちが手掛ける、20曲以上のサウンドトラック
・手に汗握るゲームプレイと、ピクセルアートで描くストーリーが織りなす、90分以上のゲーム体験

© 2019 Hi-Bit Studios

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク