【ランキング】
ゲームブログランキング

ファミ通.comに『1-2-Switch』の河本浩一プロデューサーへのインタビューが掲載

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファミ通.comに『1-2-Switch』の河本浩一プロデューサーへのインタビューが掲載されています。
河本さんは、『Miitopia』でもプロデューサーをしていた方です。
関連リンク:プロデューサーに聞いた『Miitopia(ミートピア)』の開発裏話

インタビュー抜粋

・いろいろと試作を重ねていく中で、ひとつ“画面を見ないで見つめ合って遊ぶ”というものがあった。他のスタッフの評判も良かったため、「これを突き詰めていこう」ということで開発がスタートした。

・(画面をほぼ使わないことに関して) 自分でも「おかしいなあ……」と思うことはありました(苦笑)

・ゲーム画面が、審判や司会者、ゲームを引っ張る役目を担ってくれるので、プレイヤーは相手との対決に集中できる。

・最初に生まれた(試作品)は、『ピンポン』とのこと。

・『乳しぼり』は、本物の牛の乳しぼりがうまい人はゲームでもいいスコアを出せるみたいです。
そういえば、『赤ちゃん』の説明文にも「寝かしつけゲームは育児経験者が有利か?」と書かれていましたが、赤ちゃんも経験者は有利なのかな?

・親戚が大勢集まって、宴会をしていたり、テレビをぼーっと見たりしているときなどに、遊んでもらえるようなソフトにしている。

・HD振動やモーションIRカメラを活かしたゲームも収録されている。

・『ミルク』、『カウントボール』、『金庫破り』、『ひげそり』などがHD振動を活かしたゲームになっている。

・『ひげそり』は、ジョリジョリジョリという剃っている感覚や、ヒゲ剃りらしいブーンというリアルな振動を感じられるそうです。ヒゲがない方にも遊んでみて欲しいとのことです。

・合計28種類のゲームが入っている。

・向かい合って遊ぶものが多いが、『大食いコンテスト』のようにひとりずつ交代で遊ぶゲームもある。話題の『赤ちゃん』もそうかも?


・テンション高くちょっとヘンなゲームで対戦する、という方向で突き詰めて作った。

・(コアゲーマーにアピールしたい所について) Nintendo Switchの機能を活用している部分。HD振動を色々と活かしているみたいです。ロンチ8本の中では、一番Joy-Conの性能を感じられるそうです。

情報源:知ってはいるけれど、やったことはないものばかり。『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』開発者インタビュー【Nintendo Switchインタビュー特集】


といった感じのインタビューになりました。
やはり実際に体験してこそ面白さが伝わるゲームだと思います。

1人よりも2人や大勢でプレイしたほうが楽しいそうなので、家族や友達、飲み会などの集まりでワイワイとぜひ楽しく遊んでみてください。
各ゲーム開始前に「遊び方」も表示されますし、操作も簡単ですし、ゲームになれてない人でも楽しく遊べると思います。

ちなみに、河本プロデューサーは1月14日に行われた「Nintendo Switch」紹介ステージにも登場して、ゲームの説明をしてくれています。
まだ見ていない方は、ぜひチェックしてみてください。
15分15秒くらいからです。

Amazonで予約する

1-2-Switch
1-2-Switch

楽天ブックスで予約する

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1-2-Switch
価格:4840円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

【ニンテンドースイッチを予約】
Amazon
楽天市場
セブンネットショッピング Nintendo Switch特集ページ

スポンサーリンク