『1-2-Switch』のちょっと変わった遊びかたがニンテンドートピックスで公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


© Nintendo

『1-2-Switch』のちょっと変わった遊びかたがニンテンドートピックスで公開されています。

春到来! もっと楽しむ『1-2-Switch』のちょっと変わった遊びかた

勝って揃えろ!「1-2-Switch BINGO」

<プレイ人数>
2人(2人以上の場合は2チームに分かれ代表者が対戦)

<遊びかた>
1. 2チームに分かれ『1-2-switch』の収録ゲームが書かれたビンゴカードを1枚用意する
2. じゃんけんを行い、勝ったチームがカードの中からひとつゲームを選ぶ
3. 対戦し、ゲームに勝利したチームが、そのゲームのマスに自分のチームカ ラーの『★』を置く
4. ゲームに負けたチームが、カードの中からひとつゲームを選ぶ(※ただし、連続で同じゲームを遊ぶことはできません)
5. 3. と 4. を繰り返し、タテ、ヨコ、ナナメいずれか1列が揃った方が勝利

1-2-Switch用のビンゴカードを用意して遊べば、よりゲーム性が増して楽しくなりそうですね。
ゲーム外の駆け引きも生まれそうです。

ビンゴカードは下記からダウンロードできます。
印刷してお使いください。
「1-2-Switch ビンゴカード」はこちら!(PDF)

ゲームを好きなように配置した自分専用のビンゴカードを作っても面白いかもしれません。
やろうと思えば自分でイラストを書いて手作りもできますので、チャレンジしてみてください。

崩したら負け!「1-2-Switch 紙コップタワー」

<プレイ人数>
2人以上

<遊びかた>
1. 2チームに分かれシャッフルモードで選ばれたゲームで対戦
2. 負けたチームが紙コップを下向きに1つ置く
3. 再度シャッフルモードで対戦し、負けたチームが 2. のコップの上に、互い違いに紙コップを積む(※積み方は上の写真を参照)
4. 3. を繰り返し、紙コップのタワーを崩してしまった方が負け

ゲームだけではなく、ゲーム外でもドキドキ感が体験できる遊び方です。

ニンテンドートピックスによれば、ゲームをプレイしている最中、不意にコップタワーが倒れてしまう場合があるです。
風が強い場所で遊ぶ際は、紙コップの代わりに缶ジュースなどを使用しても良いかもしれません。とのことです。

ゲームで負けたほうがジェンガが1本抜いて、ジェンガを先に倒したほうが負けというルールでも楽しめそうですね。
こうしたゲーム内とゲーム外を組み合わせた遊び方も盛り上がりそうです。

ジェンガ
ジェンガ

ジョイコン回し 団体戦!

『ジョイコン回し』というミニゲームを使った団体戦です。

<プレイ人数>
6人

<遊びかた>
Joy-Conを揺らさないように回転させる「ジョイコン回し」。

普通は一人で3回繰り返すところ、1回ずつチームメンバーで交代して勝負!

3VS3の団体戦で遊ぶ。
ただそれだけです(笑)

1VS1ではなくなるので、いつもより緊張感が増すかも!?

といった感じで、ちょっと変わった遊び方が紹介されていました。
これを参考に、自分で独自のルールを作って遊ぶのも面白いかもしれませんね。

Amazonで購入する

1-2-Switch
1-2-Switch

スポンサーリンク